News

デイヴィッド・キャメロン首相、ジャガー・ランドローバーの エンジン製造センターを視察

公開日:2014/02/21 06:40

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバー社が2014 年2月14日に発表したプレスリリースの日本語訳です。

2014 年2 月21日
(日本語訳発行日)
C14U003

デイヴィッド・キャメロン首相、ジャガー・ランドローバーのエンジン製造センターを視察

英国・ウェスト・ミッドランズ、ウルヴァーハンプトン発

ジャガー・ランドローバーは、ウェスト・ミッドランズに現在建設中である、世界規模の新エンジン製造工場にデイヴィッド・キャメロン首相をお迎えしました。キャメロン首相は新工場を視察され、現在設置中の製造装置を直にご覧になりました。

ジャガー・ランドローバーの最新鋭エンジン工場は、自社で新たにゼロから建設した初めての施設です。新工場は英国の中心部にあり、またジャガー・ランドローバーの他の3製造工場―ヘイルウッド、キャッスル・ブロムウィッチ、ソリハル―の中間という理想的なロケーションに位置しています。新エンジン工場がフル稼働するまでには、約1400名の雇用が新たに創出される予定です。

5億ポンド以上に上る投資を象徴するこのエンジン工場では、ジャガー・ランドローバー史上最先端のエンジンが製造されます。ホイットリーの製品開発センターで設計・開発された、新しいプレミアムエンジンは軽量・低摩擦・低排ガスの4気筒シリーズで、ガソリンとディーゼルエンジンが将来のジャガー・ランドローバーのモデル用に製造される予定です。

キャメロン首相は次のように述べています。「ジャガー・ランドローバー社の工場を訪問する度、英国の製造業の将来が輝かしいものであることを目にすることができ、私の心は高鳴ります。世界のどこに行っても、私はジャガー・ランドローバーをサポートします。これは英国の優れたサクセスストーリなのです。」

ジャガー・ランドローバー、エグゼクティブ・ディレクターのマイク・ライトは次のように述べています。「世界規模の当社新工場は、最高レベルの生産基準を満たす最新技術を導入しており、英国の製造業に対する当社の継続的なコミットメントを示すものです。」

「当社史上最先端のエンジン製造に使用する装置の作動を開始するにあたり、本日、デイヴィッド・キャメロン首相に当社の工場をご案内することができ大変誇らしく思います。」

エンジン製造工場は、内部のフロア面積約10万平方メートル、サッカーグラウンドにすると14面にも相当する広さを誇り、シリンダーヘッド、シリンダーブロック、クランクシャフトの加工用エリア、ディーゼルエンジンの組立エリア、そしてガソリンエンジンの組立エリアという3つの製造ホールで構成されています。最初に製造されるエンジンは2015年初頭にラインオフが予定されています。

以上

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先は、 03-5470-4242 (ジャガー・ランドローバー・ジャパン広報グループ代表)になります。

広報写真、発行済プレスリリース、および広報資料などはジャガー・ランドローバー・ジャパン プレスサイトをご利用ください
https://pr.jlrj.jp/
※ご利用にはユーザー登録が必要になります。

この記事に関連するファイル

このページのトップに戻る