News - XF

ジャガー、新型「XF」を発表 ニューヨーク・オートショー2015での公開に先立ち、ドラマチックな走行動画を公開

公開日:2015/03/27 15:00

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2015年3月18日、24日に発表したプレスリリースの参考翻訳です。
日本市場における新型「XF」の導入時期およびラインアップは現時点では未定です。
2015年3月27日
(日本語訳発行日)
J15U005

ジャガー、新型「XF」を発表
ニューヨーク・オートショー2015での公開に先立ち、ドラマチックな走行動画を公開
卓越した洗練性、ダイナミクス、デザインを備え、さらなる軽量化と効率性を実現

■ニューヨーク・オートショー2015での詳細発表に先立ち、新型「XF」がドラマチックに綱渡り走行する動画を世界初公開(URL:https://youtu.be/pMaaFbvO1Io
■新型「XF」は、アルミニウムを多用した車体構造により、クラストップの軽量ボディを実現:競合モデルと比較して約80kgの軽量化に成功*
■同じセグメントの中で最も低いCO2排出量を達成(ハイブリッド・モデルを除く)
■クラスをリードする燃費70mgp以上*を実現
■エレガントかつ進歩的なデザインは、短いフロント・オーバーハングと卓越したプロポーションを両立し、Cd値0.26という類まれな空力効率を達成
■セグメントをリードするリアシート空間を確保
■新開発10.2インチ・タッチスクリーン・インフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」を搭載
■特別に開発された出力825W、17スピーカーのMeridian製デジタル・サラウンド・サウンド・システムを採用
■設定変更が可能な12.3インチTFTインストルメント・クラスターを搭載
■INGENIUM(インジニウム)エンジンは、最高出力163PSのディーゼル・ユニットから、380PSのV6スーパーチャージド・ユニットまで幅広くラインアップ
■ダブルウィッシュボーン式とインテグラルリンク式のサスペンションが傑出した乗り心地、ハンドリング、比類のない洗練性を実現
■必要に応じてトルクを配分する全輪駆動(AWD)方式にインテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)を組み合わせることで、パフォーマンスと全天候対応能力を最適なバランスで提供
■テクニカルスペックおよびラインアップの全容は4月1日、ニューヨーク・オートショー2015で発表予定

*最高出力163PS を発揮する4気筒INGENIUMディーゼル・エンジンにマニュアル・トランスミッションを組み合わせた場合



ジャガーは、新型「XF」を、ロンドンのビジネス街の水上をドラマチックに綱渡り走行するという演出で世界初披露しました(URL:https://youtu.be/pMaaFbvO1Io)。

今回の発表の舞台となったのは、ロンドンのカナリー・ワーフにある埠頭で、「007」、「ボーン・プレマシー」、「インディ・ジョーンズ」をはじめとするハリウッドのアクション映画シリーズに出演した英国人の熟練スタントマン、ジム・ダウデルがドライバーを務め、水上に張られた2本の直径34mmのワイヤー上を240mにわたって走行し、アルミニウムを多用したボディの軽さを実証しました。事実、新型「XF」は、競合モデルよりも約80kg軽量化しており、クラストップの燃費(70mpg以上)とCO2排出量(104g/km)を誇ります。

ジャガーは、新型「XF」を洗練性、燃費、ダイナミクス、デザインを比類ないレベルで融合させたモデルとしてビジネスカー・セグメントに投入し、4月1日、ニューヨーク・オートショー2015でワールドデビューします。

セグメントをリードするゆとりある室内スペースを確保しながらも、ダイナミックでクーペを彷彿とさせるエクステリア・デザインは、アルミニウムを多用した車体構造を中心に形成されています。また、すべてのジャガー・モデルの特徴である、卓越したプロポーション、エレガントなサーフェス、ピュアなラインといった要素を備え、優れたCd値を誇ります。

キャビン内は、現代的なラグジュアリー感あふれる素材と仕上げ、伝統的なジャガーのクラフツマンシップ、そして最先端の技術をシームレスに融合させており、プレミアムなインフォテインメント・システムである新開発の「InControl Touch Pro」や12.3インチのTFTインストルメント・クラスターなどを装備しています。

ジャガーのデザイン・ディレクター、イアン・カラムは次のように述べています。
「新型『XF』の開発にあたって、デザイン・チームとして、“簡潔であること(simplicity)”を常に意識してきました。『XF』のエクステリアのあらゆるラインには明確な意図があり、無駄なラインはひとつもありません。簡潔さを実現するには時間と揺るぎない決意が必要です。車にラインを1本足すのは実に簡単なことですが、ラインをいれずに特徴を加えるのは、とても難しいことなのです。

インテリアについても同様、快適であると同時に癒される空間にしたいという思いを強く抱いていました。新開発の10.2インチ・タッチスクリーンをはじめとする新技術も、温かみと安心感を与える素材を慎重に選び組み合わせています。新型『XF』は、エクステリア、インテリアともに、落ち着きと力強さを明確に表現しており、それらを実現したデザイン・チームを誇りに思います。」

2007年に発売した初代「XF」は、流線型のエクステリアとラグジュアリーなインテリアを備え、魅力的で憧れの車としてのポジションを築いてきました。ベンチマークとなっているドライビング・ダイナミクスと相まって、セグメントで唯一無二の存在であり、ジャガーにおいても最も多くの販売台数とアワードを獲得したモデルでもあります。

新型「XF」は、初代モデルの中核的な特性を受け継ぎながら、ジャガーの先進的なアルミニウムを多用した車体構造を採用し、全く新しいレベルの車へと進化を遂げています。ボディはその約75%がアルミニウム製で、現行モデルと比べて最大190kg軽量化し、ねじり剛性を最大28%向上させています。

車体構造は、ジャガーのデザインにとって不可欠なパッケージングとプロポーションの面でも劇的な改良に影響しています。新型「XF」は、現行モデルと比べ、ボディ全長を7mm短くし、車高を3mm低くしていますが、ホイールベースを51mm延長して2,960mmとしたことにより、レッグルーム、ニールーム、ヘッドルームともにリアシートはクラス最高レベルのスペースを確保しました。

アルミニウム製軽量ボディ構造がもたらす効率性の向上は、洗練されたパワフルなエンジン・ラインアップにより補完されます。2.0リッターINGENIUMディーゼル・エンジンには、最高出力163PS、最大トルク380Nm と最高出力180PS、最大トルク430Nmのグレードを用意し、特別に最適化が図られた6速マニュアル・トランスミッション、あるいは8速オートマチック・トランスミッションと組み合わされます。最高出力163PSのエンジンにマニュアル・トランスミッションを組み合わせた場合、競合モデルより約80kg軽く、CO2排出量も104g/kmとなり、セグメントの中で(ハイブリッド・ディーゼル・モデルを除く)、最も軽量かつ効率のよいモデルとなります。

それ以外のエンジンには、すべて8速オートマチック・トランスミッションが組み合わされます。2.0リッター直噴ターボチャージド・ガソリン・エンジンは、最高出力240PS、最大トルク340Nmを発揮します。3.0リッターV6スーパーチャージド・ガソリン・エンジンは、最高出力340PS、最大トルク450Nmもしくは最高出力380PS、最大トルク450Nmを発揮する2つのグレードが用意されます。

3.0リッターV6ツインターボ・ディーゼル・エンジンについては、さらなる効率性向上と改良を実現する数々の先進技術を採用しており、最高出力が300PS、最大トルクが驚異的な700Nmに増強されています。

軽量でありながら強靭なボディ構造は、新型「XF」の秀逸な車両ダイナミクスの根幹ともなります。洗練されたダブルウィシュボーン式とインテグラルリンク式のサスペンションが、前後ほぼ50:50の重量比と相まって、俊敏性、快適性、洗練性を理想的なバランスで提供します。

「Fタイプ」および「XE」で習得したことをすべて取り入れ、精密なチューニングを施した電動パワーステアリング(EPAS)は、「XF」がベンチマークとするステアリングフィールとレスポンスを確保するとともに、卓越した燃費の実現に貢献します。

先進的なパッシブ・ダンパー技術により、極めて快適な乗り心地を提供しますが、運転状況に合わせて最適なダンパー設定をするアダプティブ・ダイナミクス・システムがよりいっそう優れたコントロールを実現します。

「Fタイプ」向けに初めて開発したジャガーのコンフィギュラブル・ダイナミクスは、究極のコントロールを提供するとともに、ドライバーがダンパー、ステアリング、エンジン、そして8速オートマチック・トランスミッションを自らの好みに合わせて設定することが可能です。

さらに、全輪駆動(AWD)が求められる一部の市場向けに、ジャガーは新たなトルク・オンデマンド・システムを開発しました。トランスファーケースにはギアの代わりにチェーンドライブを用いたことで、従来と比べ、軽さ、静粛性、効率性の面で改善されています。

「Fタイプ」のAWDモデルで最初に採用された先進コントロール・システムである、インテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)を搭載しており、能力もよりいっそう強化しています。IDDは、後輪駆動(RWD)のハンドリングにAWDがもたらすパフォーマンスとトラクションにおける利点を提供します。

もちろん、RWDモデルも傑出した能力を備えています。悪条件下での低速走行のために開発されたオール・サーフェス・プログレス・コントロール(ASPC)は、ブレーキとアクセルを自動で調節し、可能な限り最適なトラクションを提供することにより、スリップしやすい路面でもスムーズな走行を可能にします。つまり、ドライバーはハンドル操作にのみ集中することができるのです。

新型「XF」のインフォテインメントとコネクティビティは、ジャガー史上、最先端のシステムがベースとなっています。新開発の「InControl Touch Pro」システムは、10.2インチのタッチスクリーンとデュアルビュー技術を採用しています。このデュアルビュー技術により、例えばドライバーがナビゲーションなどの情報をチェックしている間、助手席の乗員はTVやDVDを視聴することが可能となります。

膨大な量のデータを処理するため、「InControl Touch Pro」は半導体ドライブ(SSD)とクアッドコア・プロセッサーを搭載し、並外れたデータ転送速度を実行する次世代ネットワークである、最先端の超高速イーサネット上で作動するため、驚くほど鮮明な画像、高速レスポンスタイム、そして優れたパフォーマンスが実現します。

そして、「InControl Touch Pro」を補完するのが、設定変更が可能な12.3インチのTFTインストルメント・クラスターです。ジャガー・ランドローバーは、「XJ」と「レンジローバー」でこの技術を初めて採用していますが、今回、その技術をビジネスカー市場にも拡大します。

すべてのドライブをより安全でリラックスした体験とするべく、新型「XF」は様々な先進ドライバー支援システムを採用しました。また、フルLEDヘッドライトを採用する最初のジャガーでもあります。

新型「XF」は、オール・アルミニウム製の「Fタイプ」や「XJ」と同様、ジャガー・ランドローバーのカッスル・ブロムウィッチ工場で生産されます。

以上

■ジム・ダウデルについて
スタントマンのコーディネーター兼パフォーマーとしてのキャリアを35年以上有し、これまでに「007」、「ボーン・プレマシー」、「ハリーポッター」、「プライベート・ライアン」、「インディ・ジョーンズ」、「スーパーマン」といった数々の映画作品に出演、活躍しています。また、ジムは定期的に、英国にあるNFTS(National Film and Television School)や世界中の大学で講演しています。

Jaguarウェブサイト: http://www.jaguar.co.jp/index.html
Facebook(グローバル): http://www.facebook.com/Jaguar
Facebook(日本): https://www.facebook.com/JaguarJapan
Twitter(グローバル): http://twitter.com/Jaguar
Twitter(日本): https://twitter.com/JaguarJPN
Instagram: http://instagram.com/Jaguar
YouTube: http://www.youtube.com/JaguarCars


◆読者からの問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この件に関する報道関係者からの問い合わせ先:
ジャガー・ランドローバー・ジャパン マーケティング・広報部
03-5470-4242
または株式会社プラップジャパン(担当:加藤、町田、住川)
03-4580-9105 / jlr_pr@ml.prap.co.jp

広報写真、発行済プレスリリース、および広報資料などは
ジャガー・ランドローバー・ジャパン メディアセンターをご利用ください
https://pr.jlrj.jp/
※ご利用にはユーザー登録が必要になります

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る