News

ジャガー初のパフォーマンスSUV「F-PACE」が、「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」において最高位である「Supreme Winner」を受賞 同時に部門賞である「ウィメンズ・ワールドSUV/クロスオーバー・オブ・ザ・イヤー2016」も獲得

公開日:2016/11/29 12:00

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2016年11月18日に発表したプレスリリースの参考翻訳です。

2016年11月29日
(日本語訳発行日)
J16U009

ジャガー初のパフォーマンスSUV「F-PACE」が、
「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」において最高位である「Supreme Winner」を受賞
同時に部門賞である「ウィメンズ・ワールドSUV/クロスオーバー・オブ・ザ・イヤー2016」も獲得


■ジャガー初のパフォーマンスSUV「F-PACE」が、「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」の最高位である「Supreme Winner」を受賞
■ジャガー史上最も速いペースで販売台数を伸ばしている「F-PACE」は、部門賞である「ウィメンズ・ワールドSUV/クロスオーバー・オブ・ザ・イヤー2016」も獲得
■「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」は、女性のみが選考に参加できる唯一の自動車賞

2016年11月18日、英国ホイットリー発
ジャガー初のパフォーマンスSUVである「F-PACE」は、「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」の最高位である「Supreme Winner」に選出されました。さらに、部門賞である「ウィメンズ・ワールドSUV/クロスオーバー・オブ・ザ・イヤー2016」も同時受賞しました。

「F-PACE」は4月に世界で発売を開始して以降、数々の名誉ある賞を獲得していますが、今回の受賞により、その受賞数をさらに伸ばすことになります。

ジャガー・ランドローバーのグローバルPRコミュニケーションズ部門長である、フィオナ・パージェターは、次のように述べています。「『ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2016』で『Supreme Winner』と部門賞である『SUV/クロスオーバー・オブ・ザ・イヤー』を受賞するということは、当社にとって偉業を成し遂げたことであり、まさに『F-PACE』の継続的な成功が評価され、スポットライトを当てていただいたのだと思います。
美しいデザイン、日々の使いやすさ、傑出したドライビング・エクスペリエンスの組み合わせが『F-PACE』をライバルと一線を画し、世界中の新しいお客様に受け入れられているのだと自負しています。」

「F-PACE」は、すべてのジャガー・モデルと同様、敏捷性、レスポンスの良さ、洗練性を備えながら、他に類をみないダイナミクスと日常的な実用性を提供できるようデザインされたパフォーマンスSUVです。650リットル(日本仕様は508リットル)もの広々としたラゲッジ・スペースのほか、頭上や膝まわりにも十分なスペースがあるなど、大人5人が快適に過ごせる空間を確保しています。

ジャガーのシニア・ローンチ・マネージャーであるアンナ・ギャラガーは、次のように述べています。「当初から『F-PACE』のデザインは女性のお客様を意識していました。そのため、今回の受賞をとても嬉しく思っております。お客様とのクリニックや調査データを通して、様々なライフスタイルに合わせてアピールできる、際立ったモデルとして『F-PACE』を開発しました。当社のチームは、男性、女性に関わらず、すべてのお客様を魅了することができるよう、パフォーマンス、デザイン、実用性の最適な組み合わせを実現したのです。」

「ウィメンズ・ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー2016」では、14か国の17名の審査員が選出した294のモデルが対象となりました。その後、32車種に絞られ、そのなかから6部門の受賞車が選定されました。6部門の受賞車のなかで再度投票が行われ、「F-PACE」が最高位である「Supreme Winner」に輝きました。

以上

Jaguarウェブサイト: http://www.jaguar.co.jp
Facebook: https://www.facebook.com/JaguarJapan
Twitter: https://twitter.com/JaguarJPN
Instagram: http://instagram.com/Jaguar
YouTube: http://www.youtube.com/JaguarCars

◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る