News - Discovery

新型「DISCOVERY」を実物大サイズでバーチャル体験できる「VR(仮想現実)」と「AR(拡張現実)」を融合させた先進のバーチャル・システム全国の正規ディーラーネットワークに導入 バーチャル・システムの導入を記念したフェアを4月15日(土)、16日(日)に開催

公開日:2017/04/14 14:00

2017年4月14日
L17J002

新型「DISCOVERY」を実物大サイズでバーチャル体験できる
「VR(仮想現実)」と「AR(拡張現実)」を融合させた先進のバーチャル・システム
全国の正規ディーラーネットワークに導入

バーチャル・システムの導入を記念したフェアを4月15日(土)、16日(日)に開催

ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン/Magnus Hansson)は、バーチャル・リアリティ(VR:仮想現実)とオーグメンテッド・リアリティ(AR:拡張現実)を融合させた先進のバーチャル・システムを、2017年4月15日(土)より、全国のジャガー・ランドローバー正規ディーラーネットワークに導入します。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンでは、2015年6月にヘッドマウントディスプレイを活用して実際の車両に試乗しているような感覚が体験できるバーチャル試乗体験システム「ジャガー・バーチャル・ドライブ」および「ランドローバー・バーチャル・ドライブ」を日本で初めて*導入していますが、このサービスを強化すべく、VR技術にAR技術を組み合わせたバーチャル・リアリティ・キットを備えます。これにより、実物大サイズの3D映像で車両のエクテリア全体や細かなデザイン、カラー等を360度全方位からバーチャルでみることができ、インテリアも同様、素材やステッチ、色味など室内空間を構成するディテールだけでなく、運転席や後部座席からの視界なども確認できます。顔の向きや傾きを感知し、映像の視点を追従するヘッドトラッキング機能を搭載しているため、より現実に近い感覚で体験できるのが特徴です。
*ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社調べ

今回のバーチャル・リアリティ・キットの導入にあわせ、多用途性に優れた定員7人のフルサイズSUVである新型「DISCOVERY(ディスカバリー)」のコンテンツを開発しました。これらの新型モデルは受注開始前のため各店舗に実車が配備されていませんが、ウェブサイトやカタログといった従来の情報に加えて、写真や文章だけでは確認することが難しい実際の車両サイズやカラー、素材、インテリアの雰囲気をリアルに体験できる機会を提供することが可能になります。そのため、実車がない、もしくは展示車両がご希望のカラーやグレード、装備と異なる場合でも、バーチャルを用いることで、お客様がイメージされているものに近い状態で商談ができます。

全国のジャガー・ランドローバー正規ディーラーネットワークで2017年4月15日(土)と16日(日)に開催するALL-NEW DISCOVERY バーチャルリアリティフェアで、バーチャルリアリティを体験頂いた方には、「ランドローバーオリジナル 今治フェイスタオル」をプレゼントします。

今後も試乗機会の提供にとどまらず、最新のデジタル技術を駆使したバーチャル・リアリティ・エクスペリエンスなど、様々な取り組みを行うことでお客様との接点を増やし、ブランドの認知およびお客様満足度向上に努めていきます。

<正規ディーラー 一覧>
ランドローバー: http://www.landrover.co.jp/dealer-locator.html


新型「DISCOVERY」について
フルモデルチェンジし、第5世代目となる新型「DISCOVERY」は、ボディの85%にアルミニウムを使用した軽量モノコック車体構造を採用しており、現行モデルと比較して最大360kgの軽量化を実現しています。力強いコンテンポラリーなルックスとラグジュアリーで洗練されたデザインが特徴的で、安定性をもたらす最新のクロスリンク式電子制御エアサスペンションシステムにより、ドライビング性能がより進化しています。

電子制御エアサスペンションには2段階のオフロードモードがあり、50km/h以下で過酷なオフロードを走行する場合や川を渡る場合は車高が75mm上昇し、50~80km/hで轍がついた荒れた路面等を走行する場合は車高が40mm上昇します。また、105km/h以上でオンロード走行する場合は自動的に車高が13mm低くなり、車両が受ける抗力を2%軽減します。

また、DISCOVERYシリーズでは初採用となる、独自のテレイン・レスポンス機能を強化したテレイン・レスポンス2オートや電動インナーテールゲート、ランドローバー初採用となるウォータープルーフ仕様・耐衝撃のリストバンド型アクティビティキーなど、最新機能を多数装備しています。

多用途性にも優れており、世界初となるインテリジェント・シート・フォールド機能を備えたフルサイズ7シートは、ラゲッジスペースのスイッチまたはタッチスクリーンで、2列目と3列目のシートの折りたたみを設定できます。車から離れていても専用のスマートフォンアプリから遠隔操作でシート設定をすることができ、ラゲッジスペースは、258リットルから最大2406リットルまで変化し、7シートの状態から2シートに折りたたんでラゲッジスペースを最大にするまでにかかる時間はわずか14秒です。レッグルームは2列目シートで954mm、3列目シートでも851mmを確保し、大人が7人乗っても快適な室内空間を提供します。

新型「DISCOVERY」の誕生を記念した特別仕様車「DISCOVERY FIRST EDITION」限定30台は、2017年4月5日(水)~17日(月)までの期間、ウェブサイトで抽選販売を行っています。

以上

Land Roverウェブサイト: http://www.landrover.co.jp
YouTube: https://www.youtube.com/user/landroverchanneljp
Facebook: https://www.facebook.com/LandRoverJapan
Twitter: https://twitter.com/LandRoverJPN
Instagram: https://www.instagram.com/landroverjpn/


◆お問い合わせ先◆
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る