News

「F-PACE」2018年モデル 2017年12月1日(金)より受注開始~新たにINGENIUMガソリン・エンジンを導入し、新グレード「PORTFOLIO」を追加 コネクティビティを強化し、利便性と快適性が向上~

公開日:2017/12/01 10:00

2017年12月1日
J17J008

「F-PACE」2018年モデル 2017年12月1日(金)より受注開始
新たにINGENIUMガソリン・エンジンを導入し、新グレード「PORTFOLIO」を追加
コネクティビティを強化し、利便性と快適性が向上


ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン/ Magnus Hansson)は、ジャガー初のパフォーマンスSUV「F-PACE(Fペイス)」2018年モデルを、2017年12月1日(金)より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始します。

「F-PACE」は、「ワールド・カー・アワード」において、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー 2017」と、部門賞である「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー 2017」に選出され、世界で最も優れたクルマ、かつ美しいクルマであると評価されました。

2018年モデルでは、ひと目でジャガーとわかる洗練されたデザインは引き続き踏襲しながら、設計から生産まで自社で手がけ、軽量で高効率のパフォーマンスを生み出す、2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジンを新たに導入します。
この新ガソリン・エンジンは先進の制御技術により、特性の異なる2つのパフォーマンス(最高出力250PS・最大トルク365Nmまたは最高出力300PS・最大トルク400Nm)を実現しています。これにより「F-PACE」のエンジン・ラインアップは、2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(最高出力180PS・最大トルク430Nm)と3.0リッターV型6気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(最高出力380PS・最大トルク450Nm)を含む4種類が揃い、またラグジュアリーなインテリアが特長の新グレード「PORTFOLIO」をラインアップに追加したことで、より幅広い選択肢を提供します。

インフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」にはオプションで通信機能を新たに導入し、スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐことが可能になります。また、デュアルビュー機能を新採用し、運転席と助手席の乗員が同時に異なるコンテンツを10.2インチタッチスクリーン上で見ることができ、利便性や快適性が向上しています。
安全面では、車の周囲360度の映像をタッチスクリーンに表示し運転操作をサポートするサラウンド・カメラシステムを強化し、フォワード・トラフィック・ディテクションを新たに採用することで、視界が遮られる場所などで前方に進む際の衝突回避をサポートします。

実用性の高さも「F-PACE」の特長で、通常時は508リットルのラゲッジルームを装備しており、新たに追加したタイヤリペアキットをオプションで選択するとラゲッジルームは、650リットルに拡大します。
40:20:40の分割可倒式リアシートにより、乗車人数や荷物の量に合わせたアレンジも可能で、リアシートをすべて倒せば、最大1,740リットルのラゲッジスペースを確保します。
また、「F-PACE FIRST EDITION」※専用であった22インチ 15スポーク スタイル1020 アロイホイール(グレーフィニッシュ・コントラストインサート)をオプションに追加し、ダイナミックなデザインを際立たせ、卓越したドライビング・パフォーマンスを提供します。

※「F-PACE FIRST EDITION」:2016年導入時に、限定50台のみ販売したスペシャルモデル。


<「F-PACE」2018年モデル 概要>

■受注開始日
2017年12月1日(金)

■主な特長および装備
- ボディには80%にアルミニウムを使用した軽量モノコック車体構造を採用し、50:50にほぼ近い重量配分バランスを実現
- 縦方向と横方向の双方に理想的な剛性を提供するダブルウィッシュボーン式フロント・サスペンションとインテグラルリンク式リア・サスペンション
- コーナリング時のアンダーステアの発生をおさえるトルクベクタリング・バイ・ブレーキング(TVbB)
- トルク・オンデマンドの全輪駆動システム(AWD)を補完するインテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)。オーバーステアやアンダーステアを感知すると、即座に適切なパワー伝達をコントロールし、トラクションの回復と車両安定性を確保
- 全速度域において、路面状況に応じてAWDシステムの効率を高めるアダプティブ・サーフェス・レスポンス(ASR)
- ジャガー・ランドローバーが設計から生産までを手がけた、2.0リッター4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力250PS・最大トルク365Nmまたは最高出力300PS・最大トルク400Nm)を新たに導入し、4種類のエンジンをラインアップ
- 最高出力250PS・最大トルク365Nmを発揮する2.0リッター4気筒INGENIUMガソリン・エンジンを搭載した「PORTFOLIO」を新グレードとして追加し、全9機種をラインアップ
- 直感的なタッチ操作が可能で鮮明なグラフィックの10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」
- スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」*や万が一車両が盗難にあった際に、車両位置を捜査機関に通知できる「セキュアトラッカー」*など、充実したコネクティビティを提供
- 運転席と助手席の乗員が同時に異なるコンテンツを見ることができるデュアルビュー機能*
- サラウンド・カメラシステムを強化し、フォワード・トラフィック・ディテクションを新採用
- タイヤリペアキット*を追加し、650リットルのラゲッジルームを提供
- 特別仕様車「F-PACE FIRST EDITION」専用であった22インチ 15スポーク スタイル1020 アロイホイール(グレーフィニッシュ・コントラストインサート)*の選択が可能に
- ウェアラブル技術を活用したウォータープルーフ仕様・耐衝撃のリストバンド型アクティビティキー*。テールゲートの「Jaguar」のロゴマークにアクティビティキーを近づけるだけで、車両の施錠/開錠が可能

*オプション設定

■エクステリアカラー(全12種)
フジホワイト、ナルヴィクブラック、サントリーニブラック、ロワールブルー、ユーロンホワイト、インダスシルバー、コリスグレイ、ブリティッシュレーシンググリーン、フィレンツェレッド、シージアムブルー、カルパチアングレイ、シリコンシルバー

■ラインアップおよびメーカー希望小売価格(消費税8%込み)
モデル名、パワートレイントランスミッション、出力・トルク、価格

<INGENIUMディーゼル・エンジン搭載モデル 3機種>
F-PACE PURE、2.0リッター直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ディーゼル8速AT、
180PS・430Nm、6,400,000円
F-PACE PRESTIGE、2.0リッター直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ディーゼル8速AT、
180PS・430Nm、6,640,000円
F-PACE R-SPORT、2.0リッター直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ディーゼル8速AT、
180PS・430Nm、7,290,000円

<INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル 5機種>
F-PACE PURE、2.0リッター直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ガソリン8速AT、
250PS・365Nm、6,480,000円
F-PACE PRESTIGE、2.0リッター直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ガソリン8速AT、
250PS・365Nm、6,720,000円
F-PACE PORTFOLIO、2.0リッター直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ガソリン8速AT、
250PS・365Nm、7,340,000円
F-PACE R-SPORT、2.0リッター直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ガソリン8速AT、
250PS・365Nm、7,370,000円
F-PACE R-SPORT、2.0リッター直列4気筒INGENIUMターボチャージド・ガソリン8速AT、
300PS・400Nm、8,000,000円

<ガソリン・エンジン搭載モデル 1機種>
F-PACE S、3.0リッターV型6気筒スーパーチャージド・ガソリン8速AT、
380PS・450Nm、9,820,000円

※保険料、消費税を除く税金、登録に伴う費用、付属品、リサイクル料金は含みません

以上


Jaguarウェブサイト: http://www.jaguar.co.jp/index.html


◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る