News

パナソニック・ジャガー・レーシング、フォーミュラE選手権 第4戦サンティアゴ・グランプリに出場~ネルソン・ピケJr.が6位、ミッチ・エバンスが7位に入賞し、チームは総合4位を堅持~

公開日:2018/02/06 17:30

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2018年2月3日に発表したプレスリリースの参考翻訳です。

2018年2月6日
(日本語訳発行日)
J18U003

パナソニック・ジャガー・レーシング、
フォーミュラE選手権 第4戦サンティアゴ・グランプリに出場
ネルソン・ピケJr.が6位、ミッチ・エバンスが7位に入賞し、チームは総合4位を堅持


■ネルソン・ピケJr.が、フォーミュラE選手権 第4戦サンティアゴ・グランプリで6位入賞
■ジャガー・レーシングのマシン「I-TYPE 2」は、安定したペース配分で走行
■ミッチ・エバンスは、最後尾のグリッドから挽回しダブル・ポイントを獲得

2018年2月3日、チリ・サンティアゴ発
パナソニック・ジャガー・レーシングは、2月3日に開催されたABB FIAフォーミュラE選手権 2017/2018シーズン第4戦 サンティアゴ・グランプリに出走し、2人のドライバーは緊迫感あふれるレースを繰り広げ、入賞を果たしました。

5番グリッドから軽やかなスタートをしたネルソン・ピケJr.は、アンドレ・ロッテラー(テチーター)とセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)を追い抜き、一時2番手にまで順位を上げます。その後もテチーターのドライバー2人の間を走行しながらトップに出るチャンスを狙い、効率的なバッテリー・マネージメントをしながら、目を見張るセクタータイムを叩き出すなど、積極的な走りをみせ、最終的に6位でフィニッシュしました。

一方クオリファイ・セッションで苦戦したミッチ・エバンスは、最後尾である20番グリッドからのスタートとなりましたが、攻めの走りで健闘し、半分以上順位をあげて7位でレースを終えました。これにより、パナソニック・ジャガー・レーシングは、ダブルポイント獲得を成し遂げました。

パナソニック・ジャガー・レーシングは、これまでのチームの記録を塗り替え、現在合計54ポイントを獲得し、総合4位につけています。ドライバーズ・ランキングでも、ネルソン・ピケJr.は5位、ミッチ・エバンスは7位になっています。

ドライバー、ネルソン・ピケJr.のコメント:
「今回のレースはタフでしたが、それと同時にとてもエキサイティングでした。いいスタートがきれましたし、第2スティントの終わりにかけて、ブエミを追い抜こうとするまでは全てが順調でした。チームとしてはまだ学ぶことが多くありますが、ペース配分がスムーズで、毎回良くなってきています。さらなるポイント獲得ができると信じていますし、クルマにもまだまだポテンシャルを感じます。今後も努力を続け、成長し続けたいですね。」

ドライバー、ミッチ・エバンスのコメント:
「クオリファイ・セッションは残念な結果に終わりましたが、決勝レースではポイント獲得ができて本当に良かったです。最後尾からのスタートでしたが、クラッシュに巻き込まずに済んだおかげで、1週目からいい走りができました。その後も少しずつ順位をあげ、最終的に7位になることができました。1位とはわずか7秒の差まで詰めることができたのです。チームの働きは素晴らしかったですし、次戦のメキシコシティ・グランプリでもポイントを獲得して、チームに貢献したいと思います。」

パナソニック・ジャガー・レーシング・チームのディレクターであるジェームズ・バークレーのコメント:
「大変素晴らしいレースでした。今回レースで、私たちには非常に速く競争力の高いマシンがあり、さらなる表彰台を狙えるチームであることを、改めて確信しました。このチャレンジングなコースで、ドライバーの2人は本当によくやってくれました。ネルソンは『I-TYPE 2』で見事なスタートを切ってくれましたし、ミッチは最後尾から素晴らしい追い上げを見せ、最速ラップタイムも記録しました。これはまさに、チームの連携がうまくいっていることを示していますし、マシンもより速いものに仕上がってきています。私たちは、既に次戦のメキシコシティ・グランプリに目を向けています。初参戦した昨シーズンに、初ポイントを獲得した記憶に残るレースでもあり、楽しみにしています。」

3月3日(現地時間)に、ジャガー・レーシングはFIAフォーミュラE選手権2017/2018シーズン第5戦メキシコシティ・グランプリに出走します。
FanBoost(ファン・ブースト)の投票受付期間は、2月26日17:00(日本時間:2月27日2:00)~3月3日22:20(日本時間3月4日7:20)です。
#MitchEvans または #NelsonPiquetJr と、#FanBoost とハッシュタグをつけてツイートするか、
以下ウェブサイトから投票できます。

以上


エディターズ・ノート

パナソニック・ジャガー・レーシングについて
ジャガーは2016年10月にモータースポーツ界に復帰し、電気自動車によるレーシング・シリーズ、FIAフォーミュラE選手権に参戦した、最初のプレミアム自動車メーカーです。

ジャガーのフォーミュラEプログラムは、基本原則として「Race to Innovate(イノベーションのためのレーシング)」を掲げ、将来のジャガー・ランドローバーの市販車の電動化に向けて明確な研究開発メリットをもたらします。

フォーミュラEについて
マニュファクチャラーは、モーター、トランスミッション、インバーター、リア・サスペンションを含むパワートレインを設計することができます。コストを抑えるため、カーボン・ファイバー・シャシーとバッテリーは全チーム共通で、電気自動車のパワートレイン開発に焦点が絞られます。

さらにフォーミュラEは、電気自動車のみのレースというコンセプトだけでなく、開催地に関してもモータースポーツ界にとってユニークで特徴があります。メキシコシティ・グランプリを除き、世界中の主要都市の中心部で市街地コースを使って開催されます。

また、各レースは、プラクティス・セッション、クオリファイ・セッション、決勝などすべてのスケジュールが1日で行われます。2017/18シーズンは11都市で14レースが開催され、香港、ニューヨーク、そして最終戦のモントリオールは、2戦連続で実施されるダブルヘッダー・レースとなります。


Jaguarウェブサイト: http://www.jaguar.co.jp/index.html


◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る