News

パナソニック・ジャガー・レーシング、フォーミュラE選手権 第5戦メキシコシティ・グランプリ~ネルソン・ピケJr.が4位、ミッチ・エバンスが6位入賞で、チームは歴代最高ポイントを獲得~

公開日:2018/03/05 18:00

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2018年3月3日に発表したプレスリリースの参考翻訳です。

2018年3月5日
(日本語訳発行日)
J18U007

パナソニック・ジャガー・レーシング、
フォーミュラE選手権 第5戦メキシコシティ・グランプリ
ネルソン・ピケJr.が4位、ミッチ・エバンスが6位入賞で、チームは歴代最高ポイントを獲得


■ネルソン・ピケJr.が、フォーミュラE選手権 第5戦メキシコシティ・グランプリで4位入賞
■ミッチ・エバンスは12番グリッドスタートから6位入賞へと大きく躍進
■パナソニック・ジャガー・レーシングは1レースにおける歴代最高ポイントを獲得し、総合3位に浮上

2018年3月3日、メキシコ・メキシコシティ発
パナソニック・ジャガー・レーシングは、3月3日に開催されたABB FIAフォーミュラE選手権 2017/2018シーズン第5戦 メキシコシティ・グランプリに出走し、ネルソン・ピケJr.が4位、ミッチ・エバンスが6位でフィニッシュしてダブル入賞を果たし、歴代最高ポイントを獲得、チームとしては総合3位に浮上しました。3月1日にジャガー初のエレクトリック・パフォーマンスSUV「I-PACE」を世界初披露しましたが、同じ週にフォーミュラEで好成績を残し、ジャガーにとって歴史的な週となりました。

ネルソン・ピケJr.は、これまで以上に力強いパフォーマンスをみせ安定した走りとドライビングテクニックでレースを展開しました。チームは、ネルソン・ピケJr.をピットにいれず他チームより1周多く走らせることで、レース後半にエネルギーを温存する戦略方針を打ち出しました。その結果、ネルソン・ピケJr.は3位入賞を懸けてセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)と激しいバトルを繰り広げ、最終的に4位入賞となり、価値あるポイント獲得につなげました。

一方、12番グリッドからのスタートとなったミッチ・エバンスは、スタート直後10位以内に食い込みました。ネルソンに支障を与えることなく、ネルソン・ピケJr.の直前にピットインし、その後も巧みなレース運びで、6位まで順位を上げてフィニッシュしました。

今レースで、パナソニック・ジャガー・レーシングは、参戦2シーズン目にして、マシンの速さ、一貫性と信頼性の高いパフォーマンスを証明しました。そして、チームとしては合計74ポイントを獲得し、総合3位に浮上し、ドライバーズ・ランキングでも、ネルソン・ピケJr.が5位、ミッチ・エバンスが7位に位置しています。

パナソニック・ジャガー・レーシング・チームのディレクターであるジェームズ・バークレーのコメント:
「メキシコシティ・グランプリは、歴代最高ポイントを獲得するというすばらしい結果で終えることができました。この進歩は、2人のドライバーによって成し遂げられたものであり、『I-TYPE 2』とチームのスピードの速さが証明されたのです。チーム・ランキングは総合3位にあがり、大きく前進していることは明らかで、表彰台にあがる日もすぐそこまできています。次戦のウルグアイまで少し休み、そして、さらなるポイント獲得のために心新たに邁進していきます。」

ドライバー、ネルソン・ピケJr.のコメント:
「内容の濃いレースでした。周囲のドライバーの動向に左右されるため、追い抜くリスクを取るか、エネルギーの温存に努めるかを決断するのが、非常に重要でした。より上位のポジションからスタートできれば、ポディウムにつながりますし、次戦のウルグアイでも狙っています。『I-TYPE 2』は最も安定したマシンであり、最速のマシンになってトップ3でフィニッシュできる日もすぐそこまできています。」

ドライバー、ミッチ・エバンスのコメント:
「チームにとってよいレースとなりました。私自身も12番グリッドからのスタートにもかかわらず、6位入賞を果たすことができ、うれしく思います。クオリファイ・セッションはタフなレースとなりましたが、ダブル・ポイントをチームにもたらすことができて、とても興奮しています。大観衆に見守られたメキシコシティ・グランプリは昨年より大きく感じられ、良い雰囲気の中でレースに集中することができました。第6戦のプンタ・デル・エステ・グランプリ前に、ジュネーブ・モーターショーでの『I-PACE』披露のために一度中南米を離れますが、初めてのウルグアイでのレースを楽しみにしています。」

3月17日(現地時間)に、ジャガー・レーシングはABB FIAフォーミュラE選手権2017/2018シーズン第6戦プンタ・デル・エステ・グランプリに出走します。

FanBoost(ファン・ブースト)の投票受付期間は、3月12日17:00(日本時間:3月13日2:00)~3月17日19:10(日本時間3月18日4:10)です。
#MitchEvans または #NelsonPiquetJr と、#FanBoostとハッシュタグをつけてツイートするか、以下ウェブサイトから投票できます。http://fanboost.fiaformulae.com/

以上


エディターズ・ノート

パナソニック・ジャガー・レーシングについて
ジャガーは2016年10月にモータースポーツ界に復帰し、電気自動車によるレーシング・シリーズ、FIAフォーミュラE選手権に参戦した、最初のプレミアム自動車メーカーです。

ジャガーのフォーミュラEプログラムは、基本原則として「Race to Innovate(イノベーションのためのレーシング)」を掲げ、将来のジャガー・ランドローバーの市販車の電動化に向けて明確な研究開発メリットをもたらします。

フォーミュラEについて
マニュファクチャラーは、モーター、トランスミッション、インバーター、リア・サスペンションを含むパワートレインを設計することができます。コストを抑えるため、カーボン・ファイバー・シャシーとバッテリーは全チーム共通で、電気自動車のパワートレイン開発に焦点が絞られます。

さらにフォーミュラEは、電気自動車のみのレースというコンセプトだけでなく、開催地に関してもモータースポーツ界にとってユニークで特徴があります。メキシコシティ・グランプリを除き、世界中の主要都市の中心部で市街地コースを使って開催されます。

また、各レースは、プラクティス・セッション、クオリファイ・セッション、決勝などすべてのスケジュールが1日で行われます。2017/18シーズンは11都市で14レースが開催され、香港、ニューヨーク、そして最終戦のモントリオールは、2戦連続で実施されるダブルヘッダー・レースとなります。


Jaguarウェブサイト: http://www.jaguar.co.jp/index.html


◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る