News - Range Rover Sport

ジャガー・ランドローバー、ジュネーブ・モーターショー2018に出展~ジャガー初のエレクトリック・パフォーマンスSUV「I-PACE」、世界初のフルサイズ・ラグジュアリーSUVクーペ「RANGE ROVER SV COUPÉ」など新型モデルを発表・展示~

公開日:2018/03/08 11:30

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2018年3月6日に発表したプレスリリースの参考翻訳です。日本における導入時期および仕様、サービス内容に関しては、決定次第発表します。

2018年3月8日
(日本語訳発行日)
C18U003

ジャガー・ランドローバー、ジュネーブ・モーターショー2018に出展
ジャガー初のエレクトリック・パフォーマンスSUV「I-PACE」、
世界初のフルサイズ・ラグジュアリーSUVクーペ「RANGE ROVER SV COUPÉ」など
新型モデルを発表・展示


■ジャガー初のエレクトリック・パフォーマンスSUV「I-PACE」と、ランドローバー
「RANGE ROVER SV COUPÉ」を、ジュネーブ・モーターショー2018に展示し、一般初公開
■「I-PACE」は、サステイナブルなスポーツカー・パフォーマンスと、全輪駆動がもたらす敏捷性、5シートSUVの実用性を兼ね備えた新型モデル
■ジャガー・ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が手作業で組み立てる「RANGE ROVER SV COUPÉ」は、世界初のフルサイズ・ラグジュアリーSUVクーペ

2018年3月6日、スイス ジュネーブ発
ジャガー・ランドローバーは、ジュネーブ・モーターショー2018に出展し、エレクトリック・パフォーマンスSUV「I-PACE」、ランドローバーの2ドアクーペ フルサイズ・ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER SV COUPÉ」を一般初公開しました。そのほか、「F-TYPE SVR」向けに新たにSVOが開発した「Graphic Pack」、ジャガー・クラシックによるワンオフの「XJ6」、新型「E-PACE」や新型「RANGE ROVER」「RANGE ROVER SPORT」「RANGE ROVER VELAR」など、ジャガー・ランドローバーが提供する最新ラインアップを展示し、よりクリーンで安全、そしてスマートな技術に対する当社のコミットメントを提示しました。

ジャガー・ランドローバーのCEO、ラルフ・スペッツ博士は次のように述べています。
「ジャガー・ランドローバーは、このジュネーブ・モーターショー2018において、テクノロジーの最前線に立ち、多くの注目を浴びると自負しています。『I-PACE』はお客様が待ち望んでいた電気自動車であり、『RANGE ROVER SV COUPÉ』は最高峰のラグジュアリーを備えた唯一無二のSUVです。」


ジャガー初のエレクトリック・パフォーマンスSUV「I-PACE」
“PACE”ファミリーの新たなメンバーである「I-PACE」は、全世界に向けて生中継を行った世界初披露イベントを経て、ジュネーブ・モーターショー2018で一般公開しました。

「I-PACE」は、サステイナブルなスポーツカー・パフォーマンスと全輪駆動がもたらす敏捷性、5シートSUVの実用性を兼ね備えた電気自動車です。

DC急速充電(100kW)では、わずか40分で0%から80%までバッテリーを充電することが可能で、あらゆる路面状況や気候条件下で、走行テストを重ねました。


世界初のフルサイズ・ラグジュアリーSUVクーペ「RANGE ROVER SV COUPÉ
ランドローバーは約50年前に「RANGE ROVER」を発表し、ラクジュアリーSUVという新たなセグメントを生み出しました。ジュネーブ・モーターショー2018では、世界初のフルサイズ・ラグジュアリーSUVクーペ「RANGE ROVER SV COUPÉ」を披露し、新たなジャンルを定義づけました。

ランドローバーのデザイン・チームとスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が手がける「RANGE ROVER SV COUPÉ」は、「RANGE ROVER」のデザイン、クラフトマンシップ、パフォーマンスの頂点を極めるもので、人目をひきつける魅力的なボディスタイルに、贅を極めた次世代キャビン、そして「RANGE ROVER」に求められる比類ないオールテレイン能力などすべてを兼ね備えています。

厳選された素材とクラフトマンシップがさらなる魅力を引き出す美しいインテリアは、新しいスタンダードを提案し、お客様の要望に応えられるよう、幅広いオプションを取り揃えており、1台ずつお客様が選定された仕様に沿って、英国のSVOテクニカルセンターの厳格なエキスパートたちによって手作業で組み立てられます。

「RANGE ROVER SV COUPÉ」は、英国のSVOテクニカルセンターの厳格なエキスパートにより手作業で組み立てられ、限定999台で世界中のお客様に販売される予定です。


「F-TYPE SVR Graphic Pack」について
「F-TYPE SVR」のオーナー向けに、ジャガーのデザイン・ディレクター、イアン・カラムが率いるSVOのデザイナーたちとビスポーク車両のパーソナライゼーション・チームが開発した、ダイナミックで魅力的な外観を一層引き立てるパッケージ「Graphic Pack」を発表しました。今後、「F-TYPE SVR」を購入されるお客様は、このユニークなビジュアル・パッケージを、追加コストなしで選択することができます。

専用デザインのコントラストのグリルサラウンド、ミラーキャップ、エアロウィングレットを採用しており、5.0リッターV8スーパーチャージド・ガソリン・エンジンから発生される最高出力575PSのパワーを象徴する「575」のグラフィックを施したボンネットとシルデカールが特徴的です。

「Graphic Pack」専用のエクステリアカラーの組み合わせは以下の6種類です。
- ユーロンホワイト+フィレンツェレッド
- サントリーニブラック+ゴールド
- コリスグレイ+ウルトラブルー 
- カルデラレッド+ブラック 
- ウルトラブルー+コリスグレイ
- インダスシルバー+ブラック 


ジャガー・クラシック「XJ6」
ジャガー・クラシックからは、著名な英国の音楽バンド「アイアン・メイデン(Iron Maiden)」のドラマーであり、長年のジャガー愛好家でもあるニコ・マクブレイン氏がオーダーしたワンオフで製作したジャガー「XJ6」を展示しています。

新しく生まれ変わった1984年製「XJ6シリーズIII」は、ジャガーの輝かしい歴代車両とマクブレイン氏の音楽における功績からインスピレーションを得た、特別仕様モデルです。

以上


エディターズ・ノート

ジャガー・ランドローバーは英国最大の自動車メーカーで、ジャガーとランドローバーという、2つの特徴的な英国車ブランドにより成り立っています。ジャガーは世界で最もプレミアムでラグジュアリーなスポーツ・サルーンおよびスポーツ・カーを製造するブランドのひとつです。またランドローバーは、世界で最も本格的な4x4モデルを製造する先進的なブランドです。

ジャガー・ランドローバーは全世界で4万3,000人以上を雇用しており、さらに販売ディーラーやサプライヤー、ローカル・ビジネスに従事する約24万人がジャガー・ランドローバーを支えています。製造拠点は英国を主軸とし、他に中国、ブラジル、オーストリア、スロバキアに製造工場を有しています。

ジャガー・ランドローバーには、クラスをリードするモデルを開発、製造し、お客様に素晴らしいエクスペリエンスを提供する、という信念があります。80%以上の利益は海外への輸出で得ており、昨年ジャガー・ランドローバーは、世界130か国において621,109台を販売しました。

当社の革新は今後も続きます。今後1年間に新製品の製造および設備投資に40億ポンド(約5,920億円)以上を投じる予定です。

2020年以降に投入するジャガー・ランドローバーの新型モデルには、すべて電動モデルが設定される予定で、これまで以上に幅広い選択肢をお客様に提供します。全ラインアップで、EV(電気自動車)、PHEV(プラグイン・ハイブリッド車)、およびMHEV(マイルド・ハイブリッド車)といった電動モデルを導入しつつ、非常にクリーンなガソリン・エンジンおよびディーゼル・エンジンを引き続き展開してまいります。

※1ポンド=148円にて換算(2018年3月8日現在)


◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る