News

ジャガー、「F-PACE SVR」を発表~スポーツカーのパフォーマンスとSUVのデザインを融合~

公開日:2018/03/30 11:00

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2018年3月27日に発表したプレスリリースの参考翻訳です。日本における導入時期および仕様、サービス内容に関しては、決定次第発表します。

2018年3月30日
(日本語訳発行日)
J18U009

ジャガー、「F-PACE SVR」を発表
スポーツカーのパフォーマンスとSUVのデザインを融合


■5.0リッター V8スーパーチャージド・ガソリン・エンジンを搭載し、最高出力550PS・最大トルク680Nmを発揮
■0-100km/h加速は4.3秒(0-60mph加速は4.1秒)、最高速度は283km/h(176mph)
■「SVR」専用のフロントおよびリア・バンパー、重心の低いボディサイド、リア・フリップ・スポイラーを備えたSVRエアロダイナミック・パッケージは、冷却性能を強化するとともに、揚力と抗力を減少させて高速走行時の安定性を実現
■SVR専用チューニングを施したシャシーに改良型ダンパーを組み合わせ、フロントおよびリアのスプリング・レートはそれぞれ30%と10%向上
■21インチ(オプションで22インチ)の軽量アロイホイール、フロントとリアのディファレンシャルが、ハンドリングとトラクションを向上
■リア・エレクトロニック・アクティブ・ディファレンシャルが、トラクションとダイナミクスを最適化
■改良型ブレーキには、395mm(フロント)/396mm(リア)の2ピース構造のブレーキ・ディスクを採用
■「F-PACE SVR」のパワフルなサウンドを奏でるバリアブル・バルブ・アクティブ・エキゾースト・システムは6.6kgの軽量化で背圧軽減に貢献
■フロント&リアのスリムライン・スポーツシートを採用し、ダイヤモンドキルトのシートにエンボス加工の‘SVR’ロゴをレイアウト
■スポーツ・シフト・セレクターと、アルミニウム製パドルシフト付SVRステアリングホイール
■「SVR」専用のキャリブレーションが施されたクイックシフト・トランスミッション、電動パワーアシスト・ステアリング(EPAS)、アダプティブ・ダイナミクス、トルクベクタリング、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)、全輪駆動(AWD)システムを搭載

2018年3月27日、米国ニューヨーク発
ジャガーは、2017年に「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」と「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー」をダブル受賞した「F-PACE」に「SVR」グレードを追加し、「F-PACE」史上最も速く、そして最もパワフルな「F-PACE SVR」を発表しました。シャシーとエアロダイナミクスを強化し、あらゆる路面状況でもドライバーの期待に応えます。

スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が手がけた「F-PACE SVR」には、5.0リッターV8スーパーチャージド・ガソリン・エンジンを搭載して、パワーを44%向上させています。それにより、最高出力550PS、最大トルク680Nm、最高速度は283km/h(176mph)、0-100km/h加速は4.3秒(0-60mph加速4.1秒)を発揮します。

ジャガー・ランドローバー、ビークル・インテグリティ担当チーフ・エンジニアのマイク・クロスは次のように述べています。
「『F-PACE SVR』は、そのパフォーマンスにマッチした理想的なハンドリングと敏捷性を備えています。ステアリングからビスポークのサスペンションのセットアップに至るまで、すべてにおいてこのパフォーマンスSUVのためにチューニングを施しており、『F-PACE』と『SVR』両方の名にふさわしいクルマとなりました。」

一回り大きくなったフロントのエアインテークとサイド・フェンダーベントが、ホイールアーチ内の減圧を図るとともに、揚力の減少と冷却性能の向上を実現し、高速走行時の安定性を最適化します。さらに、独自のホイールアーチ・エクステンションと低めのボディ・モールディングが、低床ボディの筋肉質なスタイリングをつくりだし、「F-PACE SVR」を他にはない特別なモデルに仕上げています。

「SVR」ボンネットには、エンジンベイからの熱風を逃がす専用ベントが設けられ、「F-PACE SVR」のダイナミックなキャラクターを視覚的に表現しています。

リアは、アクティブ・エキゾースト・システムのクアッド・テールパイプ付きの新しいバンパーに、専用のスポイラーを接合しています。バンパーにはサイドストレーキを取り付け、リアからの気流を整えてエアロダイナミクスのパフォーマンスを補完します。

改良したシャシーのフロントとリアには、それぞれ30%と10%硬度を高めた先進的なスプリングを採用して、アンチロールバーを組み込み、ボディロールを5%低減させます。

新しい21インチの軽量アロイホイール(オプションで22インチも選択可能)は、フロントに比べリアが25mm幅広くなっており、ハンドリングの向上に貢献しています。また、22インチホイールは、フロントで2.4kg、リアで1.7kg軽量化し、一回り大きくなった395mmのフロント・ブレーキ・ディスクと396mmのリア・ブレーキ・ディスクとの組み合わせで、より多くの空気を送り込める設計にしました。ブレーキ・ディスクはフロント、リアともに革新的なツーピース構造を採用することで、軽量化と「SVR」の敏捷性のあるハンドリングを実現します。

「F-PACE SVR」は、ジャガー独自のバリアブル・バルブ・アクティブ・エキゾースト・システムを採用しており、カリスマ性のあるサウンドを奏でるとともに、ガスフローの改善を図り、パフォーマンスを向上させます。「F-PACE SVR」のエキゾースト・システムは、標準の「F-PACE」と比較して6.6kg軽量化しました。

「F-PACE」としては初となるリア・エレクトロニック・アクティブ・ディファレンシャル(EAD)をはじめ、「F-PACE SVR」では先進的なテクノロジーを幅広く採り入れ、調整を施しています。トルク・オンデマンド式全輪駆動(AWD)システムのインテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)の制御技術は、EADのメリットを最大限に発揮できるよう最適化されているほか、アダプティブ・ダイナミクス・サスペンション、電動パワーアシスト・ステアリング(EPAS)、ダイナミック・ドライビング・モード用のソフトウェアは、すべて「SVR」向けに特別に調整・最適化しています。ダイナミックモードを選択すると、素早いシフト・レスポンスと鋭いスロットル・レスポンスが得られるとともに、ステアリング・レスポンスが向上し、あらゆる路面状況においても車両と一体感のあるドライビングが可能です。

「F-PACE SVR」のフロント・シートは、側面のサポートを強化したスリムライン・スポーツシートを採用し、ダイヤモンドキルト・シートにエンボス加工の‘SVR’ロゴを配しています。重厚感のあるシート形状は、後部座席のデザインにも反映されています。さらにスポーツ・シフト・セレクターが、パフォーマンスSUV「F-PACE」が持つスポーツカーのキャラクターを際立たせ、「SVR」仕様のステアリングホイールには、手触りのいいアルミニウム製パドルシフトをつけています。

「F-PACE SVR」は、究極のパフォーマンスを目指すと同時に、「PACE」ファミリーの特徴である実用性と多用途性を維持し、ラゲッジスペースは650リットル(後部座席格納時)を維持しています。また、最大8つのデバイスを4GのWi-Fiに接続することができ、10インチのタッチスクリーンと12.3インチのHDインストルメントクラスターを備えた「Touch Pro」インフォテインメント・システムを搭載しています。

インテリアのテーマカラーは4種で、「F-PACE SVR」の傑出したパフォーマンスを強く印象付ける、レッド(ジェットステッチ)、ライトオイスター(ジェットステッチ)、シエナタン(ジェットステッチ)、ジェット(ライトオイスターステッチ)から選択することが可能です。

「F-PACE SVR」は、ジャガー・ランドローバーのオールテレイン能力に関する幅広い経験と知識を活用し、あらゆる路面状況において優れたパフォーマンスを確実に発揮する先進的なテクノロジーを採り入れています。AWDにインテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)、オール・サーフェス・プログレス・コントロール、アダプティブ・サーフェス・レスポンスを搭載し、どのような天候でも優れた走行性能を発揮します。

以上


エディターズノート

ジャガーについて
ジャガーは、その80年以上にわたる歴史において、そのエレガントなデザインと息をのむようなパフォーマンスで世界中のお客様を刺激し、運転することの楽しさや喜びを提供してきました。"THE ART OF PERFORMANCE"をブランド・タグラインに掲げ、今日グローバルに展開しているジャガーのラインアップは、数々の賞を受賞し高い評価を受けているスポーツ・サルーン「XE」、ダイナミック・ラグジュアリー・サルーン「XF」、ラグジュアリー・サルーン「XJ」、ピュア・スポーツカー「F-TYPE」、ジャガー史上最速ペースで販売台数を伸ばしているパフォーマンスSUV「F-PACE」、そしてコンパクト・パフォーマンスSUV「E-PACE」です。

スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)について
スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)は、ジャガーとランドローバー両社のモデルをより高性能に、よりラグジュアリーに、そしてより高い走破性能へと進化させるスペシャリスト・チームで、ジャガー・ランドローバーのデザイナー、エンジニア、そしてテクニシャンで構成されています。


Jaguarウェブサイト: http://www.jaguar.co.jp


◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る