News - Discovery

「DISCOVERY」2018年モデル 2018年4月2日(月)より受注開始~利便性を高める多彩なコネクティビティ機能を標準装備~

公開日:2018/04/02 11:00

2018年4月2日
L18J002

「DISCOVERY」2018年モデル
2018年4月2日(月)より受注開始
利便性を高める多彩なコネクティビティ機能を標準装備


ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン/Magnus Hansson)は、多用途性に優れた定員7人のフルサイズSUV「DISCOVERY」2018年モデルを、2018年4月2日(月)より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始します。

2018年モデルの「DISCOVERY」は、最大8つのデバイスに対応するWi-FiホットスポットのLTE化、車両から離れた場所でドアのロックや解除、シートやエアコンの設定ができる「リモートプレミアム」、最適化されたスマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」、緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」など、多彩なコネクティビティ機能を標準装備とし、利便性をさらに高めています。

電話やエンターテインメント機能を操作できる12.3インチの高解像度インタラクティブ・ドライバー・ディスプレイも、2018年モデルより標準装備となるほか、走行速度やナビゲーション情報をフロントガラスに映し出すヘッドアップディスプレイ(HUD)*と、快適な車内空間を提供するナノイーエアコン(イオン空気清浄機能付エアコン)*をオプション装備に追加しています。

「DISCOVERY」は多用途性を重視した設計を採用しており、リアシートを折りたたむとラゲッジルームは最大2,406リッター(通常時は258リッター)と大容量で、シート周辺にもタブレット端末やボトルを複数収納できるスペースを設けています。また、2段階のオフロードモードを備えた最新のクロスリンク式電子制御エアサスペンション・システムや、路面の状況に応じてエンジンやギアボックス、ディファレンシャル、サスペンションなどのセッティングを自動的に最適化するテレイン・レスポンス2*が、あらゆる路面状況においても最良のドライビングを提供し、日常からアウトドアなどのアクティビティまで、幅広いシーンで活躍するモデルです。


<「DISCOVERY」2018年モデル 概要>

■受注開始日
2018年4月2日(月)

■主な変更点と特徴
・電話やエンターテインメント機能を操作できる12.3インチの高解像度インタラクティブ・ドライバー・ディスプレイを標準装備
・コネクト機能を強化し、標準化
- 最大8つのデバイスを接続することが可能なLTE通信可能なWi-Fiホットスポット
- 車両から離れた場所でドアのロックや解除、シートやエアコンの設定ができる「リモートプレミアム」
- 最適化されたスマートフォンのアプリを車両のタッチスクリーンから操作できる「InControlアプリ」
- 緊急時にスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールができる「プロテクト」
・オプションを追加
- 走行速度、ナビゲーションなどの情報をフロントガラスに映し出し、前方の視界を保つヘッドアップディスプレイ(HUD)*
- マイナスイオンを放出する、ナノイーエアコン(イオン空気清浄機能付エアコン)*


・エンジンは3.0リッターV6 スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(最高出力340PS/250kW・最大トルク450Nm)、もしくは3.0リッターV6 ターボチャージド・ディーゼル・エンジン(最高出力258PS/190kW・最大トルク600Nm)から選択可能
・大人7人がゆったり座れるスペースと、多数の収納スペースを備えるインテリア
・フルサイズ7シートの設定をリモートで変更できるインテリジェント・シート・フォールド機能*。シートに乗員や荷物が置いてある状況も感知し停止・作動
・荷物の積み下ろしの負荷軽減や、荷物が多い時の固定具としても活用できる電動インナー・テールゲート
・ウェアラブル技術を活用したウォータープルーフ仕様・耐衝撃のリストバンド型アクティビティキー*
・車やスマートキーに直接触れることなく、車両後部の下方で足を振るだけで車外からテールゲートを開閉できる電動ジェスチャー・テールゲート**
・過酷なオフロード走行にも対応する、速度や路面状況に応じて車高を調整するクロスリンク式電子制御エアサスペンション・システム
・目的地に到着し、エンジンを切るかシートベルトを外すと車高を15mm、さらにドアを開くとさらに25mm低くなり、乗り降りを楽にするオートマチック・アクセスハイト機能
・オートモードにすると走行状況を毎秒最大100回モニターし、エンジンやギアボックス、ディファレンシャル、サスペンションなどのセッティングを自動的に最適化する、テレイン・レスポンス2*
・車両の挙動をモニタリングし、ブレーキとエンジン出力を調整しながら、アンダーステアを抑制して走行安定性を維持するダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)
・滑りやすい路面や下り坂でもステアリング操作のみで一定速度で低速走行ができるオールテレイン・プログレス・コントロール・システム(ATPC)*
・急勾配の下り坂で一定速度を維持し安定した操作性を確保するヒル・ディセント・コントロール
・最大渡河水深900mmを誇るウェイド・センシング*
・レーンデパーチャーワーニング(車線逸脱警告機能)*、レーンキープ・アシスト&居眠り注意機能*、自動緊急ブレーキ*、パークアシスト(縦列駐車・出庫/並列駐車支援システム)*など豊富なドライバー支援システム

*オプション装備
**「HSE」のみオプション装備

■エクステリア・カラー(全12種)
フジホワイト、ナルヴィックブラック、ユーロンホワイト、サントリーニブラック、コリスグレイ、インダスシルバー、ロワールブルー、バイロンブルー、ナミブオレンジ、シリコンシルバー、ファラロンブラック、カルパチアングレイ

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

<ガソリン・エンジン搭載モデル>
DISCOVERY HSE 3.0L P340、8,197,000円
DISCOVERY HSE LUXURY 3.0L P340、9,217,000円

<ディーゼル・エンジン搭載モデル>
DISCOVERY HSE 3.0L D258、8,397,000円
DISCOVERY HSE LUXURY 3.0L D258、9,417,000円

※保険料、消費税を除く税金、登録に伴う費用、付属品、リサイクル料金は含みません。

以上


Land Roverウェブサイト: http://www.landrover.co.jp


◆お問い合わせ先◆
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る