News

エクステリアおよびインテリアに新デザインを採用した2018年モデル、2018年4月27日(金)より受注開始~ホットストーンマッサージ機能など最上級の快適性を備えた「RANGE ROVER」 575PSまで出力を高めた「SVR」などよりスポーティな「RANGE ROVER SPORT」~

公開日:2018/04/27 11:00

2018年4月27日
L18J003

エクステリアおよびインテリアに新デザインを採用した2018年モデル、
2018年4月27日(金)より受注開始
ホットストーンマッサージ機能など最上級の快適性を備えた「RANGE ROVER」
575PSまで出力を高めた「SVR」などよりスポーティな「RANGE ROVER SPORT」


ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン/Magnus Hansson)は、ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER」とプレミアム・スポーツSUV「RANGE ROVER SPORT」の2018年モデルを2018年4月27日(金)より全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始します。

2018年モデルでは、フロントグリル、フロントおよびリア・バンパー、ヘッドライト、リアスポイラーなどのエクステリア・デザインを一新し、「RANGE ROVER」はよりモダンで洗練されたデザインに、「RANGE ROVER SPORT」は精悍でよりスポーティなデザインを際立たせています。また、両モデルともインフォテインメント・システム「Touch Pro Duo」や、4Gの通信機能や離れた場所から車の各機能を確認・操作できる「リモートプレミアム」を標準装備しているほか、主要データ(速度、ギアポジション、ナビゲーションの指示やオフロード情報など)をフロントガラス上に表示するヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)や簡単な手の操作でパノラミックサンルーフのブラインド開閉が可能なジェスチャー・ルーフブラインドなどの先進テクノロジーを新たにオプション設定しました。

「RANGE ROVER」では、特にインテリアをより快適かつラグジュアリーに改善していることが特徴です。シートの形状や素材を見直し、ゆったりと深く着座できるようにし、快適性が向上しています。新しいリア・エグゼクティブ・クラスシートには、電動デプロイアブル・リア・センターコンソールと折り畳み式リアシートがあり、5シートの多用途性と4シートの贅沢な空間が選べます(「AUTOBIOGRAPHY」、「SVAutobiography DYNAMIC」、「SVAutobiography」に標準設定)。また、コンフォートコントローラー機能を搭載しており、専用スマートフォンアプリから後席のシートマッサージ、エアコン、個別のシート温度設定などが可能です。さらに、急速冷蔵機能を新たに備えたセンターコンソールボックス(4本の500mlボトルが収納可)やローリングモードやパルスモードなど、25種類のマッサージプログラムから選択ができるホットストーンマッサージ、フットレストヒーターなど、利便性と快適性を高めるオプションを充実させています。

「RANGE ROVER SPORT」2018年モデルでは、カットダイヤモンドパターンを施した極上のセミアニリンレザーシートや新たに導入したアッパーグローブボックスなどのフレキシブルな収納により、快適な車内環境を提供します。また、ジャガー・ランドローバーが誇るスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を手掛けるハイパフォーマンス・モデル「RANGE ROVER SPORT SVR」の最高出力を423kW/575PSまで引き上げ、特別に最適化されたサスペンションにより、滑らかなドライビングと優れたコーナリング・パフォーマンスを発揮し、0-100km加速は4.5秒を記録します。専用のメッシュグリルに加え、新しく採用されたナルヴィックブラックのサイドフェンダーベントがスポーティさを際立たせ、さらに専用のエクステリアパックを選択することで、軽量化とパフォーマンスの向上に貢献するカーボンファイバー・ボンネットに変更することが可能です。

<「RANGE ROVER」2018年モデル概要>
■受注開始日
2018年4月27日(金)

■主な変更点および特長
- V型6気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(250kW/340PS・450Nm、280kW/380PS・450Nm)、出力アップしたV型8気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(386kW/525PS・625Nm、416kW/565PS・700Nm)、V型6気筒ターボチャージド・ディーゼル・エンジン(190kW/258PS・600Nm)をラインアップし、全10機種を展開
- フロントグリル、ボンネット、フェンダーベント、バンパー(フロント/リア)、LEDライト(フロント/リア)、リアスポイラー、エキゾーストパイプを一新し、よりモダンさと洗練性を向上
- シートポジション調整スイッチをドア側に移動してシート幅を拡大し、より深みのあるクッションを新採用して深々とゆったり着座できるよう改良
- ロードスルー機能を備えた60:40分割可倒式ベンチシート
- より広く深く着座できるよう改良し、乗り心地が改善したリア・エグゼクティブ・クラスシート(「AUTOBIOGRAPHY」、「SVAutobiography DYNAMIC」、「SVAutobiography」は標準装備)
・リアセンターコンソールを電動可動して4人乗り、もしくは、40:20:40の5人乗りに設定可能
・スマートフォン用の専用アプリを介して、シートのレイアウト、後席の気温や風量の調整、マッサージ機能、シートヒーター&クーラー、シートヒート部位の設定などを車外から操作ができるコンフォートコントローラー機能
・ローリングモードやパルスモードなど25種類のプログラムを備えたホットストーンマッサージ(前席&後席)
- トリムフィニッシャーに5つのベニアフィニッシャーを追加
- ドアガラスの厚さを6mmに変更し、車内の静粛性を向上
- 新たに急速冷蔵機能を搭載したセンターコンソールボックス。4本の500mlボトルを収納でき、5℃になるまでマイナス5℃で冷却*
- リアセンターコンソールにゼニス製アナログ時計をレイアウト(「SVAutobiography LONG WHEELBASE」に標準装備)
- 2つの高解像度10インチのタッチスクリーンを別々に操作することができるインフォテインメント・システム「Touch Pro Duo」
- 簡単な手の操作でパノラミックサンルーフのブラインド開閉が可能なジェスチャー・ルーフブラインド
- 常に車内空間を快適にするイオン空気洗浄テクノロジー
- 主要データ(速度、ギアポジション、ナビゲーションの指示など)をフロントガラス上に表示するヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)
テレインレスポンスに「ダイナミック」「エコ」を追加し、7つのモード(「コンフォート」「ダイナミック」「エコ」「草/砂利/雪」「泥/わだち」「砂地」「岩場」)から選択が可能
- 後部座席の乗員が降車のためにドアを開ける際、ほかの車や自動車などの接近を検知すると注意を促すクリアイグジットモニター*
- ドライブアシスト(キューアシストおよびエマージェンシーブレーキアシスト付アダプティブクルーズコントロール、自動緊急ブレーキ、レーンデパーチャーワーニング)
- パーキングアシスト(フロント/リア パーキングエイド、リアビューカメラ)

*オプション、もしくは一部オプション設定

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

<ガソリン・エンジン搭載モデル 8機種>
RANGE ROVER VOGUE (3.0L 340PS)、14,090,000円
RANGE ROVER VOGUE (3.0L 380PS)、14,900,000円
RANGE ROVER VOGUE LONG WHEELBASE (3.0L 380PS)、15,540,000円
RANGE ROVER VOGUE (5.0L 525PS)、16,570,000円
RANGE ROVER AUTOBIOGRAPHY (5.0L 525PS)、19,290,000円
RANGE ROVER AUTOBIOGRAPHY LONG WHEELBASE (5.0L 525PS)、20,160,000円
RANGE ROVER SVAutobiography DYNAMIC (5.0L 565PS)、24,950,000円
RANGE ROVER SVAutobiography (5.0L 565PS)、31,080,000円

<ディーゼル・エンジン搭載モデル 2機種>
RANGE ROVER VOGUE (3.0L 258PS)、14,520,000円
RANGE ROVER AUTOBIOGRAPHY (3.0L 258PS)、17,390,000円

※保険料、消費税を除く税金、登録に伴う費用、付属品、リサイクル料金は含みません。


<「RANGE ROVER SPORT」2018年モデル概要>
■受注開始日
2018年4月27日(金)

■主な変更点および特長
- V型6気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(250kW/340PS・450Nm、280kW/380PS・450Nm)、出力アップしたV型8気筒スーパーチャージド・ガソリン・エンジン(386kW/525PS・625Nm、423kW/575PS・700Nm)、V型6気筒ターボチャージド・ディーゼル・エンジン(190kW/258PS・600Nm)をラインアップし、全8機種を展開
- ジャガー・ランドローバーが誇るスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を手掛けるハイパフォーマンス・モデル「RANGE ROVER SPORT SVR」の最高出力を423kW/575PSまで引き上げ、よりパワフルでスポーティな走りに進化。カーボン素材を贅沢に使用したSVRカーボンファイバー・エクステリアパックも新たに用意
- フロントグリル、ボンネット、フェンダーベント、バンパー(フロント/リア)、LEDライト(フロント/リア)、リアスポイラー、エキゾーストパイプを一新し、精悍でよりスポーティなデザインに
- トリムフィニッシャーとカラーラインアップを拡充
- 利便性を高める最新機能(「Touch Pro Duo」、イオン空気洗浄テクノロジー、HUD、急速冷蔵機能付センターコンソールボックス、ジェスチャー・ルーフブラインド、クリアイグジットモニター、)
- 電子制御エアサスペンションを標準装備。自動車高調整機能により、車高を最大50mm低くし、スムーズで快適な乗り降りをサポート(「SVR」にはスポーツサスペンションを標準装備)
- 後部座席の乗員が降車のためにドアを開ける際、ほかの車や自動車などの接近を検知すると注意を促す*
- 5つのモードから選択できるテレインレスポンスにエコモードを新たに追加

*オプション、もしくは一部オプション設定

■メーカー希望小売価格(消費税8%込み)

<ガソリン・エンジン搭載モデル 5機種>
RANGE ROVER SPORT SE (3.0L 340PS)、8,730,000円
RANGE ROVER SPORT HSE (3.0L 340PS)、10,230,000円
RANGE ROVER SPORT AUTOBIOGRAPHY DYNAMIC (3.0L 380PS)、12,380,000円
RANGE ROVER SPORT AUTOBIOGRAPHY DYNAMIC (5.0L 525PS)、14,440,000円
RANGE ROVER SPORT SVR (5.0L 575PS)、16,810,000円

<ディーゼル・エンジン搭載モデル 3機種>
RANGE ROVER SPORT SE (3.0L 258PS)、9,080,000円
RANGE ROVER SPORT HSE (3.0L 258PS)、10,530,000円
RANGE ROVER SPORT HSE DYNAMIC (3.0L 258PS)、11,110,000円

※保険料、消費税を除く税金、登録に伴う費用、付属品、リサイクル料金は含みません。


<ジャガー・ランドローバー スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)について>
ジャガー・ランドローバーのスペシャル・オペレーションズは、ブランドのイメージを伝える車両、特注品、伝統的製品、ブランドのオフィシャルグッズの提供に注力しています。ジャガー・ランドローバーのスペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)は、スペシャル・オペレーションズの中で、ジャガーとランドローバー両社の高性能モデル、車両カスタマイズ製品、少量生産の限定モデルの製作を幅広く担当しています。
ジャガー・ランドローバー・クラシックはスペシャル・オペレーションズの1部門であり、世界中のジャガーおよびランドローバーのクラシック車両オーナーや、ファンの皆様の期待に応える車両、サービス、パーツ、エクスペリエンスの提供を専門に行っています。

以上


Land Roverウェブサイト: http://www.landrover.co.jp


◆お問い合わせ先◆
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る