News

曲がり角の先の状況や障害物が「見える」自動運転車両の開発プロジェクト~ジャガー・ランドローバーが「AutopleX」をリード~

公開日:2018/05/02 13:30

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2018年4月20日に発表したプレスリリースの参考翻訳です。

2018年5月2日
(日本語訳発行日)
C18U005

曲がり角の先の状況や障害物が「見える」自動運転車両の開発プロジェクト
ジャガー・ランドローバーが「AutopleX」をリード


■ジャガー・ランドローバーは、英国における自動運転車両の導入促進のために2018年3月に発足したコンソーシアム「AutopleX」に参加
■ジャガー・ランドローバーは「AutopleX」をリードし、自動運転技術の安全性向上のための研究・調査を実施
■曲がり角の先の状況や障害物の向こう側などを「感知する」技術を開発し、自動運転車両のさらなる性能向上を目指す470万ポンド(約7.03億円)規模のプロジェクトをリード
■このプロジェクトは、自動運転車両間で「感知」「会話」を可能にするために、コネクテッド技術、自動運転技術、そしてリアルタイム・マッピング技術を融合
■英国の公的なイノベーション推進プロジェクト「Innovate UK」には、ジャガー・ランドローバーのほかに、Highways England、INRIX、リカルド、シーメンス、ウェストミッドランズ交通局、およびウォーリック大学のウォーリック・マニュファクチュアリング・グループ(WMG)が参加

2018年4月20日、英国コベントリー発
ジャガー・ランドローバーは、英国における自動運転車両の導入促進のために発足したコンソーシアム「AutopleX」に参加し、470万ポンド(約7.03億円)を投じて、曲がり角の先の状況や障害物の向こう側など、死角を「感知」する自動運転車両の開発プロジェクトをリードしています。

このプロジェクトでは、コネクテッド技術、自動運転技術、そしてリアルタイム・マッピング技術を融合し、自動運転車両に対してより早い段階で情報伝達をするために研究・開発を行っています。この構想が実現すれば、自動運転車両がすべての道路利用者や死角にある障害物と相互通信して状況を事前に把握し、自動運転による安全な車線変更や複雑な環状交差点の走行が可能になります。

ジャガー・ランドローバーのコネクテッド&自動運転車両研究マネージャーであるクリス・ホームズは次のように述べています。
「近い将来、お客様に自動運転車両を提供できるようにするためには、このプロジェクトの成功が鍵となります。『AutopleX』に参画しているパートナーたちと連携しながら、コネクテッド技術と自動運転技術に関する研究成果を、実際の道路環境で安全に走行できる高度な自動運転車両の実現を目指しています。当社としても、本プロジェクトに参画することで、高機能かつ高性能な自動運転技術の開発がさらに前進すると信じています。」

ジャガー・ランドローバーは、完全自動運転車両と部分的な自動運転車両の開発に取り組んでおり、これは、お客様に自らの運転で楽しむか、運転は車両に任せて安全に移動するか、という選択肢を提案していきます。オンロードやオフロードなどの路面状況だけでなく天候条件など、現実社会で遭遇するあらゆる運転環境に対応できる自動運転車両を提供することをビジョンに掲げています。

以上


エディターズ・ノート

「AutopleX」について
「AutopleX」は、英国における自動運転車両の導入促進のために2018年3月に発足したコンソーシアムです。このコンソーシアムでは、最先端の技術、自動車関連企業、先進的な自治体や教育機関などが集まり、ミッドランズやコベントリー・シティセンターにおける大規模なコネクテッド自動運転技術の試験を実施します。「AutopleX」は政府および産業の共同出資で発足したもので、参画企業の選定は、英国のイノベーション推進機関である「Innovate UK」が行っています。

ジャガー・ランドローバーについて
ジャガー・ランドローバーは英国最大の自動車メーカーで、ジャガーとランドローバーという、2つの特徴的な英国車ブランドにより成り立っています。ジャガーは世界で最もプレミアムでラグジュアリーなスポーツ・サルーンおよびスポーツ・カーを製造するブランドのひとつです。またランドローバーは、世界で最も本格的な4x4モデルを製造する先進的なブランドです。

ジャガー・ランドローバーは全世界で4万3,000人以上を雇用しており、さらに販売ディーラーやサプライヤー、ローカル・ビジネスに従事する約24万人がジャガー・ランドローバーを支えています。製造拠点は英国を主軸とし、他に中国、ブラジル、オーストリア、スロバキアに製造工場を有しています。

ジャガー・ランドローバーには、クラスをリードするモデルを開発、製造し、お客様に素晴らしいエクスペリエンスを提供する、という信念があります。80%以上の利益は海外への輸出で得ており、昨年ジャガー・ランドローバーは、世界130か国において621,109台を販売しました。

当社の革新は今後も続きます。今後1年間に新製品の製造および設備投資に40億ポンド(約5,960億円)以上を投じる予定です。

2020年以降に投入するジャガー・ランドローバーの新型モデルには、すべて電動モデルが設定される予定で、これまで以上に幅広い選択肢をお客様に提供します。全ラインアップで、EV(電気自動車)、PHEV(プラグイン・ハイブリッド車)、およびMHEV(マイルド・ハイブリッド車)といった電動モデルを導入しつつ、非常にクリーンなガソリン・エンジンおよびディーゼル・エンジンを引き続き展開してまいります。

※1ポンド=149円にて換算(2018年5月2日現在)


◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る