News

パナソニック・ジャガー・レーシング、フォーミュラE選手権 第10戦 チューリッヒ・グランプリ~ミッチ・エバンスがチーム初のポールポジションからスタートしポイント獲得~

公開日:2018/06/14 13:30

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2018年6月10日に発表したプレスリリースの参考翻訳です。

2018年6月14日
(日本語訳発行日)
J18U015

パナソニック・ジャガー・レーシング、
フォーミュラE選手権 第10戦 チューリッヒ・グランプリ
ミッチ・エバンスがチーム初のポールポジションからスタートしポイント獲得


■ミッチ・エバンスは、パナソニック・ジャガー・レーシング初のポールポジションを獲得
■チームは、「I-TYPE 2」の進化と加速性能を証明
■ミッチ・エバンスの貴重なポイント獲得により、チームは総合5位を堅持

2018年6月10日、スイス・チューリッヒ発
パナソニック・ジャガー・レーシングは、6月10日に開催されたABB FIAフォーミュラE選手権 2017/2018シーズン第10戦 チューリッヒ・グランプリに出走し、ミッチ・エバンスが、クオリファイ・セッションでチーム初となるポールポジションを獲得しました。

クオリファイ・セッションで最速タイムを叩き出したミッチ・エバンスは、スーパーポール・シュートアウト・セッションでも落ち着いた走りを見せて、「Julius Baer Pole Position Trophy」を勝ち取り、チームに貴重な3ポイントの加算をもたらしました。チームメイトのネルソン・ピケJr.は11位につけました。

決勝レースで、1番グリッドからスタートしたミッチ・エバンスは、レースをリードしていましたが、全コースにイエローフラッグが出た際、ドライブスルー・ペナルティが課せられたドライバーの1人となってしまいます。その結果、本大会で優勝したアプト・シェフラー・アウディ・スポーツのルーカス・ディ・グラッシにオーバーテイクされてしまい、64年ぶりにモータースポーツが開催された、歴史的なスイスでのグランプリで、最終的に7位フィニッシュという結果となりました。

一方、11番グリッドからスタートしたネルソン・ピケJr.は、レース開始直後に接触して受けたダメージを修復するため、ピットインを余儀なくされてしまいます。マシン交換後コースに戻った際も、レースの先頭集団から周回遅れとなり、最終的にリタイアとなりました。

ドライバーズ・ランキングでは、ミッチ・エバンスが7位、ネルソン・ピケJr.が10位となっており、チームは総合5位を堅持しています。

パナソニック・ジャガー・レーシング・チームのディレクターであるジェームズ・バークレーのコメント:
「64年ぶりにモータースポーツが復活したスイスが舞台のこのグランプリに参加でき光栄です。さらにパナソニック・ジャガー・レーシングとしては初となるポールポジションを獲得することができ、ニューヨークで迎える最後の2レースに向けて、チームの勢いがさらに加速しているのを感じています。
ミッチ・エバンスは幸先のよいスタートを切ったのですが、フルコース・イエローが出た時に他のドライバーと同様にペナルティを受け、順位を落としてしまいました。結果は少し残念ではありますが、彼は完走し、チームにさらなるポイントをもたらしました。ポイントが獲得できるまでに進化したマシンに自信をもって、次回のグランプリに挑みたいと思います。」

ドライバー、ミッチ・エバンスのコメント:
「初めてのポールポジションで、チームは歓喜に沸きました。私たちの目標がついに実現される、という思いでした。しかし、残念ながら決勝レースでは期待した結果をだすことができませんでした。ニューヨークでの最後の2レースに気持ちを切り替えて、より多くのポイント獲得を目指し、頑張りたいと思います。」

ドライバー、ネルソン・ピケJr.のコメント:
「シケインでマシンがダメージを受け、最終的にリタイアとなってしまいました。シーズン初期は順調だったのですが、最近では不運にもアクシデントが続いています。シーズン最後の2レースでは、ポイント獲得に向けてチームのために尽力したいです。」

7月14日、15日(現地時間)にジャガー・レーシングは、ダブルヘッダー・レースとなるABB FIAフォーミュラE選手権、2017/2018シーズン第11戦、第12戦ニューヨーク・グランプリに出走します。

第11戦のFanBoost(ファン・ブースト)の投票受付期間は、7月9日17:00(日本時間:7月10日01:00)~7月14日21:10(日本時間:7月15日05:10)で、第12戦のFanBoostの投票受付期間は7月14日23:00(日本時間:7月15日07:00)~7月15日21:10(日本時間:7月16日05:10)。

#MitchEvans または #NelsonPiquetJr と、#FanBoostとハッシュタグをつけてツイートするか、以下ウェブサイトから投票できます。http://fanboost.fiaformulae.com

以上


エディターズ・ノート

パナソニック・ジャガー・レーシングについて
ジャガーは2016年10月にモータースポーツ界に復帰し、電気自動車によるレーシング・シリーズ、FIAフォーミュラE選手権に参戦した、最初のプレミアム自動車メーカーです。

ジャガーのフォーミュラEプログラムは、基本原則として「Race to Innovate(イノベーションのためのレーシング)」を掲げ、将来のジャガー・ランドローバーの市販車の電動化に向けて明確な研究開発メリットをもたらします。

フォーミュラEについて
マニュファクチャラーは、モーター、トランスミッション、インバーター、リア・サスペンションを含むパワートレインを設計することができます。コストを抑えるため、カーボン・ファイバー・シャシーとバッテリーは全チーム共通で、電気自動車のパワートレイン開発に焦点が絞られます。

さらにフォーミュラEは、電気自動車のみのレースというコンセプトだけでなく、開催地に関してもモータースポーツ界にとってユニークで特徴があります。メキシコシティ・グランプリを除き、世界中の主要都市の中心部で市街地コースを使って開催されます。

また、各レースは、プラクティス・セッション、クオリファイ・セッション、決勝などすべてのスケジュールが1日で行われます。2017/18シーズンは、2017年12月2日より10都市で12レースが開催され、初戦の香港、最終戦のニューヨークは、2戦連続で実施されるダブルヘッダー・レースとなります。


Jaguarウェブサイト: http://www.jaguar.co.jp


◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る