News

パナソニック・ジャガー・レーシング、フォーミュラE選手権 第11・12戦 ニューヨーク・グランプリ~ダブル・ポイントでフィニッシュし、総合119ポイントを獲得、2017/2018シ ーズンは6位で閉幕~

公開日:2018/07/18 18:30

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2018年7月14、15日に発表したプレスリリースの参考翻訳です。

2018年7月18日
(日本語訳発行日)
J18U016

パナソニック・ジャガー・レーシング、
フォーミュラE選手権 第11・12戦 ニューヨーク・グランプリ

ダブル・ポイントでフィニッシュし、総合119ポイントを獲得、2017/2018シーズンは6位で閉幕


■第11戦では、クオリファイ・セッションでミッチ・エバンスが2位となり、フロントローからのスタートを獲得するも、トラブルに見舞われリタイア
■最終戦である第12戦では、ミッチ・エバンスが6位、ネルソン・ピケJr.が7位でフィニッシュし、ダブル・ポイントを獲得。パナソニック・ジャガー・レーシングは、2017/2018シーズンを6位で終える
■パナソニック・ジャガー・レーシングは、来シーズンに向け新型マシン「I-TYPE 3」の開発に注力

2018年7月15日、米 ニューヨーク発
パナソニック・ジャガー・レーシングは、7月14日および15日にブルックリンのレッド・フックで開催されたABB FIAフォーミュラE選手権 2017/2018シーズン第11・12戦 ニューヨーク・グランプリに出走し、今シーズンすべてのレース日程を終了しました。

シーズン最終戦にしてダブルヘッダー・レースとなったニューヨーク・グランプリの初日第11戦では、クオリファイ・セッションで、ミッチ・エバンスが2位、ネルソン・ピケJr.が6位と上位につけ、これまでのチームの成長を証明しました。しかし不運にも、ミッチ・エバンスはドライブシャフトのトラブル、ネルソン・ピケJr.もマシン交換後にトラブルに見舞われ、両ドライバーともにリタイアという結果になりました。

翌日の最終戦第12戦は、前日の夜からの激しい雨が影響し難しいレースを強いられましたが、ミッチ・エバンスが6番グリッド、ネルソン・ピケJr.が7番グリッドを獲得、決勝レースに挑みました。ミッチ・エバンスはチームの戦略に基づいてネルソン・ピケJr.よりも1周早くピットインを行い、スムーズにマシンを交換し再び6位でレースに復帰し、順位をキープしたままフィニッシュしました。続いてピットインしたネルソン・ピケJr.も、8位でレースに戻り、巧みなバッテリー・マネジメントをみせ最終ラップで7位に浮上し、最終的にダブル・ポイント獲得でレースを終えました。

今シーズンは、パナソニック・ジャガー・レーシングにとってフォーミュラE選手権参戦2年目でしたが、第2戦 香港グランプリでは表彰台、第10戦 チューリッヒ・グランプリではポール・ポジションを獲得するなど数々の功績を積み上げてきました。ジャガー・レーシングは「Race to Innovate(イノベーションのためのレーシング)」をミッションに掲げており、今年ジャガーは、初のエレクトリック・パフォーマンスSUVである「I-PACE」を投入するなど、オンロードとレーストラックにおいてミッションを具現化してきました。

ジャガー・レーシングのマシン「I-TYPE 2」は、常にポイント獲得を目指して進化し続け、最終的に119ポイントを獲得して、総合6位でシーズンを終えました。ドライバーズ・ランキングでは、ミッチ・エバンスが7位、ネルソン・ピケJr.が9位となっています。

ジャガーは現在、フォーミュラE選手権でのさらなる活躍を目指して第5シーズンに照準を合わせ、新型マシン「I-TYPE 3」の開発・テストを進めています。

パナソニック・ジャガー・レーシング・チームのディレクターであるジェームズ・バークレーのコメント:
「今シーズン、私たちは大きく前進し、最も飛躍したチームであったと自負しています。昨シーズンは学びの年でしたが、今シーズンは2つのレースを除きすべてのレースでポイントを獲得することができました。願わくはもう何回か表彰台にあがれればよかったのですが、今シーズンの経験は私たちのチームをさらに強くするでしょう。チームメンバー、そしてパートナーの皆様の、たゆまぬ努力と貢献に感謝したいと思います。チームは来シーズンの開幕に目を向けており、モチベーションはとても高いです。この良い雰囲気を継続していきたいです。」

ドライバー、ミッチ・エバンスのコメント:
「今シーズンの最終戦でポイントを獲得できとても嬉しく思います。ダブル・ポイントで今シーズンを締めくくることを、私たちチームは強く望んでいました。この1年を振り返ると、チャンスを逃したことも何度かありましたが、来シーズンに向けて改善するべく意欲的に取り組んでいます。」

ドライバー、ネルソン・ピケJr.のコメント:
「今日は、ポイントを獲得してシーズンを終えるという目標を達成することができました。勢いよくスタートした今シーズンでしたが、もっと多くのことを成し遂げることができたはずです。今から来シーズンが楽しみです。開幕戦に向けて、自分のペースや効率性を見出していきたいと思います。ライバル・チームと常に戦える競争力を身につけるためにも、より一層の努力をしてきます。」

以上


エディターズ・ノート

パナソニック・ジャガー・レーシングについて
ジャガーは2016年10月にモータースポーツ界に復帰し、電気自動車によるレーシング・シリーズ、FIAフォーミュラE選手権に参戦した、最初のプレミアム自動車メーカーです。

ジャガーのフォーミュラEプログラムは、基本原則として「Race to Innovate(イノベーションのためのレーシング)」を掲げ、将来のジャガー・ランドローバーの市販車の電動化に向けて明確な研究開発メリットをもたらします。

フォーミュラEについて
マニュファクチャラーは、モーター、トランスミッション、インバーター、リア・サスペンションを含むパワートレインを設計することができます。コストを抑えるため、カーボン・ファイバー・シャシーとバッテリーは全チーム共通で、電気自動車のパワートレイン開発に焦点が絞られます。

各レースは、プラクティス・セッション、クオリファイ・セッション、決勝などすべてのスケジュールが1日で行われるほか、フォーミュラEは、電気自動車のみのレースというコンセプトだけでなく、開催地に関してもモータースポーツ界にとってユニークで特徴があります。世界中の主要都市の中心部で市街地コースを使って開催され、2017/18シーズンの最終戦はニューヨークで2戦連続のダブルヘッダー・レースが開催されました。


Jaguarウェブサイト: http://www.jaguar.co.jp
YouTube: http://www.youtube.com/JaguarCars
Facebook: https://www.facebook.com/JaguarJapan
Twitter: https://twitter.com/JaguarRacing
Instagram: https://www.instagram.com/JaguarRacing


◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る