News

ジャガー・ランドローバー、スロバキア共和国ニトラ市に新工場を開設~最先端の製造技術を採用し、成長戦略を推進~

公開日:2018/10/31 13:00

ジャガー・ランドローバー、スロバキア共和国ニトラ市に新工場を開設
最先端の製造技術を採用し、成長戦略を推進


■10億ポンド(約1,440億円)を投じ、スロバキア共和国ニトラ市に製造工場を新設
■ジャガー・ランドローバーが目指す持続可能な成長の実現に向けた新たな一歩
■新工場では、スロバキア共和国ニトラ市在住の1,500人を雇用
■最先端の製造技術を採用
■地域コミュニティのプロジェクト支援のため、基金を設立 

2018年10月25日、スロバキア、ニトラ発: ジャガー・ランドローバーは、10億ポンド(約1,440億円)を投じて、スロバキア共和国ニトラ市に英国の自動車メーカーとしては初となる、最先端の製造工場を新設しました。

ビジネスの中核を英国に置くジャガー・ランドローバーは、これまで2014年に中国の奇瑞汽車との合弁工場を、2016年にブラジル工場を開設し、そして2011年からインド、2017年からオーストリアでの製造契約に締結しており、今回のスロバキア工場への投資は、成長戦略をさらに推し進めることになります。英国外に製造拠点を新設することで、ジャガー・ランドローバーはこれまで以上にエキサイティングなモデルをお客様に提供できるようになるほか、通貨変動から受ける影響を最小限にし、世界を舞台に競争力の高いビジネス展開をすることが可能になります。

スロバキア工場の竣工式で、ジャガー・ランドローバー最高経営責任者(CEO)のラルフ・スペッツ博士は次のようにコメントしました。
「グローバルで展開するビジネスには、グローバルな製造拠点が必要です。その一方で、ジャガー・ランドローバーの核は英国にあることに変わりはありません。世界に拡張していくことは、英国のビジネスをより繁栄させ、より強固なものにすると確信しています。

スロバキア共和国二トラ市にオープンした次世代製造工場は、ジャガー・ランドローバーにとってマニュファクチャリング分野の新たな幕開けを意味します。私たちの目標に向けた長期的なグローバリゼーション・プログラムの遂行と4年の歳月を費やして取り組んだ計画が実を結んだといえるでしょう。英国、中国、ブラジル、オーストリアにある、当社の製造工場に新たに加わるこのスロバキア共和国のハイテクノロジーな施設は、当社の英国における研究開発やエンジニアリングを補完し、サポートする存在になると期待しています。」


スロバキア共和国におけるマニュファクチャリング
ジャガー・ランドローバーのスロバキア工場では、現在約1,500人の従業員を雇用し、98%はスロバキア共和国籍の人で、30%は女性が占めています。来月11月にはさらに現地採用を開始し、新たに850人を雇用する予定です。

スロバキア工場の従業員は、668万ポンド(約9億6,192万円)をかけてつくったジャガー・ランドローバー初の国外トレーニング・アカデミーで、12週間にわたる研修を受けます。 

ラルフ・スペッツ博士は次のように述べています。
「多様性は、自動車業界だけでなく、幅広い業界から豊富な経験を積んだ人材を当社にもたらします。スロバキア・チームを、ジャガー・ランドローバーのグローバル・ファミリーに迎え入れることができ、非常に嬉しく思っています。」 

30万平方メートルにおよぶ新工場は、スロバキア共和国におけるアルミニウム製造や専門性の高いエンジニアリングの最前線となり、年間の生産能力は15万台にのぼります。お客様に先進技術を搭載した軽量モデルを提供するというジャガー・ランドローバーの継続的なコミットメントのもと、2018年9月には1台目のランドローバー「DISCOVERY」が完成しました。

新工場は、従来の運搬システムに比べ30%も高速化されたKUKA社のPulse運搬システムをヨーロッパで初めて採用しています。また、高度な自動塗装工程を採用することで、最高品質を確保しながら、環境への影響を最小限に抑えます。

また、将来を見据え、スマートかつコネクティビティに優れた製造技術にも対応できるようフレキシビリティのある設計がされています。例えば、リアルタイムデータを活用し、作業現場を視覚化して問題解決をするほか、製造工程の効率性や配送、品質の向上を促進します。

スロバキア共和国ではプレミアム自動車分野が確立されており、同国の産業全体の44%を占めています。ジャガー・ランドローバーは、新工場近接のサプライヤーとネットワークを構築しており、これらを活用して、シートやホイールといった多くのパーツを現地調達し、ランドローバー「DISCOVERY」を製造します。これにより、スロバキア共和国の自動車産業のサプライチェーンに数千人もの雇用をもたらすのです。


地域コミュニティとの協力
ジャガー・ランドローバーは、世界中の製造拠点において、地域コミュニティと密接な関係を築いています。

過去半年間で約500時間をかけ、ニトラ市や近隣コミュニティでのボランティア・プロジェクトをサポートしてきました。さらに、初の試みである従業員のための補助金プログラムを立ち上げ、ニトラ市初のセラピー用センサリールーム(癒し空間)など12もの地域プロジェクトを支援しました。最近ではポンディス財団と連携して将来の地域支援プロジェクトのための基金も開設しています。

さらに、過去3年間にわたって、スロバキア共和国の自動車産業の次世代を担うエンジニアを育成する新たなプログラムも提供してきました。

11月には、遠隔操作で厳しいオフロードのテストトラックを走行できる四輪駆動車の設計と組み立てを競う「Land Rover 4x4 in Schools」を開催し、スロバキア共和国では3年目を迎えます。今年は10校が参加し、スロバキア共和国では初となる「Jaguar Primary School Challenge」の年内開催が決まっています。

これらのプログラムは、仕事というものを身近に感じ、未来を担う若者たちが様々な職業に対して関心をもち、意識を高めてくれることを目的につくられています。


欧州におけるジャガー・ランドローバー
欧州には、最も多くのジャガー・ランドローバーのディーラーネットワークがあり、42か国で約800店舗を展開しています。2018年以降、欧州では9万4,000台以上を販売しています。

以上


エディターズ・ノート

ジャガー・ランドローバーについて
ジャガー・ランドローバーは英国最大の自動車メーカーで、ジャガーとランドローバーという、2つのアイコニックな英国車ブランドを有します。ジャガーは世界のプレミアムでラグジュアリーなスポーツ・サルーンおよびスポーツ・カーを展開するブランドのひとつです。また、ランドローバーは、世界をリードするプレミアムかつ本格的な4x4モデルのブランドです。

ジャガー・ランドローバーにとって英国は、常にビジネスの中核となる国であり、これからもデザイン、エンジニアリング、マニュファクチャリングの中心であり続けます。過去5年間で2万人以上を採用し、総従業員数は約4万人にのぼります。ジャガー・ランドローバーは、新型モデルの開発と設備投資には120億ポンド(約1兆7,280億円)以上をかけており、英国のキャッスル・ブロムウィッチ、ヘイルウッド、およびソリハルにある自動車製造工場に多大な投資を行い、ジャガー「XE」、「F-PACE」、ランドローバー「RANGE ROVER EVOQUE CONVERTIBLE」、「DISCOVERY SPORT」などの新型モデルを市場に投入してきました。また、英国のエンジン工場への投資を約10億ポンド(約1,440億円)まで倍増しており、英国の新設製造工場に対する投資としては過去数十年間において最大規模で、数百人もの新規雇用を創出しています。

ジャガー・ランドローバーには、クラスをリードするモデルを開発、製造し、お客様が望むような素晴らしいエクスペリエンスを提供するという目標を掲げ、世界中のニーズに応えています。

2020年以降に投入するジャガー・ランドローバーの新型モデルには、すべて電動モデルを設定する予定で、これまで以上に幅広い選択肢をお客様に提供します。ラインアップに、EV(電気自動車)、PHEV(プラグイン・ハイブリッド車)、およびMHEV(マイルド・ハイブリッド車)といった電動モデルを導入しつつ、非常にクリーンなガソリン・エンジンおよびディーゼル・エンジンも引き続き展開していきます。

※1ポンド=144円にて換算(2018年10月31日現在)


Jaguar PR social channels:
- Twitter: https://twitter.com/JaguarJPN; @JaguarJPN

Land Rover PR social channels:
- Twitter: https://twitter.com/LandRoverJPN; @LandRoverJPN


◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る