News

パナソニック・ジャガー・レーシング、フォーミュラE選手権 第2戦 マラケシュ・グランプリに出場~スタート直後のアクシデントやマシンのダメージを乗り越え、貴重なポイントを獲得~

公開日:2019/01/17 17:00

2019年1月17日

パナソニック・ジャガー・レーシング、
フォーミュラE選手権 第2戦 マラケシュ・グランプリに出場
スタート直後のアクシデントやマシンのダメージを乗り越え、貴重なポイントを獲得


■クオリファイ・セッションは、ミッチ・エバンスが5位、ネルソン・ピケJr.が9位につき、ともに10位内で終了し、表彰台が狙える位置に入る
■ミッチ・エバンスは、スタート直後の最初のコーナーでスピンしたマシンを回避するためコースを大きく外れ、順位を10落とすも、最終的にポイント圏内の9位でフィニッシュ
■ネルソン・ピケJr.も、同じくアクシデントにより9位から一時19位に下がるも、順位を着実に上げ14位でフィニッシュ
■ドライバーズ・ランキングでは、ミッチ・エバンスが7位、ネルソン・ピケJr.が13位に位置し、チームは総合6位に

2019年1月12日、モロッコ、マラケシュ発: パナソニック・ジャガー・レーシングは、ABB FIA フォーミュラE選手権の2018/2019シーズン 第2戦 マラケシュ・グランプリに出走し、速さとパフォーマンスを見せながらも、ミッチ・エバンスの9位が最高位となり、今回はわずかなポイント獲得のみとなりました。

ミッチ・エバンスは2回目のプラクティス・セッションで最速タイムを記録し、好調な滑り出しを見せました。続くスーパーポール・シュートアウト・セッションでは6位につけましたが、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(BMW アンドレッティ)のペナルティによって、決勝レースは5番グリッドからのスタートに繰り上がりました。チームメイトのネルソン・ピケJr.もトップ10に入り、9番グリッドにつけます。

スターティンググリッドの右側から出走した両ドライバーは、最初のコーナーで発生したアクシデントを避けるために大きくコースを外れてしまい、幸いにも難を逃れましたが、順位を10落とします。さらに、ミッチ・エバンスのジャガー「I-TYPE 3」後部にパスカル・ウェーレイン(マヒンドラ)が接触し、リア・ディフューザーにメカニカル・ダメージを受けてしまいました。

それにも関わらず、その後ミッチ・エバンスは巧みなエネルギー・マネージメントで果敢に追い上げ、最終的に9位でフィニッシュし、貴重な2ポイントを獲得しました。ネルソン・ピケJr.も5つ順位を上げ、最終的に14位でフィニッシュしました。

パナソニック・ジャガー・レーシング・チームのディレクターであるジェームズ・バークレーのコメント:
「私たちは今回のレース結果に納得しないままマラケシュを去らないといけません。表彰台に上がるのに十分なマシンがあり、ミッチ・エバンスが2回目のフリー・プラクティス・セッションでトップに立ったことからも、結果を残す自信がありました。不運なことに、ジャン-エリック・ベルニュ(テチータ)のスピンの影響で、大きく順位を落としてしまいました。他チームのアクシデントが影響して、表彰台のチャンスを逃すこととなりとても残念でなりません。しかしマシンに大きなダメージを受けながらも、ミッチ・エバンスは追い上げました。5位から15位まで順位を落とすも、ポジションを6つ上げて9位でフィニッシュしたのです。私たちの諦めないという前向きな姿勢を示すことができ、大変誇らしく思います。彼は本当に頑張りましたし、チームとしても最善な戦略のもと、立て直しを図れたと思います。運が悪い日もありますが、それが今日でした。ですが、私たちは速いマシンを持っていて、表彰台を狙えるチームであるということは証明できたと思います。」

ドライバー、ミッチ・エバンスのコメント:
「朝に行われた2回目のフリー・プラクティス・セッションでは最速タイムを出すことができましたが、スーパーポール走行中にミスをしてしまい、チームとしてクオリファイ・セッションではあまり良い結果を出せませんでした。スーパーポールでは、努力が報われるときもあれば、そうでないときもあります。今回は残念ながら後者でした。決勝レース序盤、コーナーでのアクシデントではコンディションが乱れ、15位まで順位を落とすこととなりました。こういったアクシデントは、私たちのコントロールが及ばないのは理解していますが、とても悔しいです。幸運は私たちのもとにきてくれませんでしたが、レースを通して、『I-TYPE 3』は速いということをアピールできたのは意味のあることでした。」

ドライバー、ネルソン・ピケJr.のコメント:
「最初のアクシデントでかなり後方までポジションを落とし、その後もその影響を引きずってしまいました。私たちの戦略は、全体的に慎重で、積極性に欠けていたかもしれません。でも、結果論で物事を語るのは簡単です。アクシデントが起こって後方の順位になってしまったとしても、諦めずにアタックし続けるほうが、リスクを最小限にすることができます。アタックせずにレース終盤まで十分なエネルギーを残しても、他のドライバーは最後守りに入ってしまうからです。このレースはかなりタフでした。ファーストラップの最初のコーナーで全てが台無しになってしまいましたが、それでもこの経験から学ぶことや、マシンの改良点など、得ることがありました。」

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2019年1月12日(現地時間)に発表したプレスリリースの抄訳です。

以上


エディターズ・ノート

パナソニック・ジャガー・レーシングについて
ジャガーは2016年10月にモータースポーツ界に復帰し、電気自動車によるレーシング・シリーズ、ABB FIAフォーミュラE選手権に参戦した、最初のプレミアム自動車メーカーとなりました。

ジャガーのフォーミュラEプログラムは、その基本原則として「Race to Innovate(イノベーションのためのレーシング)」を掲げており、将来のジャガー・ランドローバーの市販車の電動化に向けた研究開発に活用していきます。

マニュファクチャラーは、モーター、トランスミッション、インバータ、リア・サスペンションを含むパワートレインを設計することができます。コストを抑えるため、カーボン・ファイバー・シャシーとバッテリーは全チーム共通とし、パワートレイン開発に焦点が絞られています。

ABB FIAフォーミュラEは2018年、「Generation 2」の新しいフォーミュラEレースカー「I-TYPE 3」を発表しました。各チーム、ドライバー1人につきレースカー1台となり、従来義務付けられていたマシンの乗り換えは不要となりました。

フォーミュラEは、電気自動車によるレースというコンセプトに加え、モータースポーツの世界において開催地の選定に関してもユニークです。選手権はリヤド、香港、三亜、モナコ、ローマ、パリなどといった世界的大都市を舞台に、一時的に設営されるストリート・サーキットで開催され、最終戦はニューヨークで2戦連続開催されるダブルヘッダー・レースで閉幕します。


- Jaguarウェブサイト: http://www.jaguar.co.jp


◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る