News

ランドローバー、ラグビーワールドカップ(TM) 2019日本大会開催に先立ち、公益財団法人日本ラグビーフットボール協会とのパートナーシップを締結~ラグビー普及育成に向けたプログラム「 IMPACT Beyond 2019」をサポート~

公開日:2019/03/07 13:00

2019年3月7日

ランドローバー、ラグビーワールドカップ(TM) 2019日本大会開催に先立ち、
公益財団法人日本ラグビーフットボール協会とのパートナーシップを締結
ラグビー普及育成に向けたプログラム「IMPACT Beyond 2019」をサポート


2019年3月7日、日本発: ラグビーワールドカップ2019(RWC2019)日本大会のワールドワイド・パートナーを務めるランドローバーは、公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(JRFU)と新たなパートナーシップを締結しました。ランドローバーは、アジア初開催となるRWC2019日本大会のためのレガシープログラム「IMPACT Beyond 2019」の初のオフィシャル・パートナーとなり、RWC2019を盛り上げていきます。

RWC2019日本大会開催年である2019年、ランドローバーはワールドラグビー(TM)、アジアラグビーおよびJRFUと協力し、草の根レベルの活動にフォーカスしたイベント「全国一斉ラグビー体験会」を開催し、日本全国の多くの子どもや若者たちにラグビーに触れてもらう機会を提供します。

この「全国一斉ラグビー体験会」は、2018年に、RWC2019日本大会の開催地である全12都市の171のラグビースクールで初めて開催され、約3,000人の子どもたちが参加しました。RWC2019日本大会が開催される今年は4月から5月にかけて、開催都市以外も含めて全国に拡大し、約300のラグビースクールで実施される予定です。各スクールでは、未就学児、小学生、中学生を対象にラグビーのトレーニングセッションが行われます。イベント詳細およびスケジュールに関しては、ラグナビ( https://rugby-navi.jp/ )にて公開されます。

ランドローバーは、RWC2015イングランドから草の根レベルにフォーカスしたラグビー支援活動をしており、これをベースに「IMPACT Beyond 2019」をサポートしていきます。

ジャガー・ランドローバー・ジャパン代表取締役社長マグナス・ハンソンのコメント
「私たちにとって、RWC2019日本大会のワールドワイド・パートナーとして車両を提供することができとても光栄です。これまで20年以上にわたって、ランドローバーは世界中の草の根レベルからトップリーグに至るまであらゆるレベルのラグビー活動を支援してきました。初開催となるRWC2019日本大会のホスト国の一員として、私たちはこれからもラグビーへのコミットメントを強化していきます。長きにわたりラグビーと共有してきた情熱とその価値を、皆様と分かち合えることができることを心から嬉しく思います。」

ラグビーワールドカップ統括責任者であるアラン・ギルピン氏のコメント
「『IMPACT Beyond』というレガシープログラムは、ラグビーという競技を世界中で発展させるというワールラグビーの使命に対して重要な役割を担っており、今回アジアで初めてRWCの開催を決定した理由でもあります。RWC2019日本大会は順調に準備が進んでおり、今までにない印象に残る大会となることでしょう。『IMPACT Beyond』プログラムはすでに素晴らしい成果を記録し、アジア全体で参加者は100万人に達しています。いよいよ大会まで200日を切り、ランドローバー社による『IMPACT Beyond』とそのプログラムのひとつである『全国一斉ラグビー体験会』への協賛は非常に喜ばしいことです。『全国一斉ラグビー体験会』が全国のラグビースクールに広がっていくことは、RWC2019日本大会に向けた新たな前進であり、日本だけにとどまらずアジア全体でラグビーが普及していくことに繋がっていくと確信しています。」

公益財団法人日本ラグビーフットボール協会会長の岡村 正のコメント
「この度、スポーツ界において長きにわたり貢献をされておりますランドローバー社が、この『全国一斉ラグビー体験会』のパートナーとして私どものラグビー普及発展の道のりに加わって頂けることになりました。いよいよ、今年開催されるRWC2019日本大会、そしてその先の日本ラグビーが多くの子どもたちにとって価値があるものにするために皆様のご理解とご協力を賜り、着実に『全国一斉ラグビー体験会』をはじめとする様々なラグビー普及育成のプログラムを引き続き進めてまいります。このたびパートナーとなって頂いたランドローバー社や、ここまでご協力頂きました全国のラグビースクールをはじめとする関係者の皆様に心からお礼を申し上げると共に、引き続き日本ラグビーへの厚いご支援を重ねてお願い申し上げます。」

以上


エディターズ・ノート

ランドローバーについて
ランドローバーは1948年以来、そのモデル・シリーズ全体にわたり、本格的な4x4を継続して製造しています。「DEFENDER」、「DISCOVERY」、「DISCOVERY SPORT」、「RANGE ROVER」、「RANGE ROVER SPORT」、「RANGE ROVER VELAR」、そして「RANGE ROVER EVOQUE」は、それぞれが世界のSUVカテゴリーを代表するモデルです。現在、これらのモデルの80%は輸出され、世界100か国以上で販売されています。

ランドローバーとラグビワールドカップ(RWC)について
ランドローバーは20年以上にわたり、グラスルーツからトップリーグに至るまで、あらゆるレベルのラグビー活動をサポートしており、RWCは2011年からスポンサーを務めています。RWC2019のオフィシャルカー・パートナーとして、RWC日本大会およびワールドラグビーに多くの車両提供をし、世界で三番目に大きなスポーツイベントであるRWCの大会運営において重要な役割を担います。

「IMPACT Beyond 2019」について
ワールドラグビー、アジアラグビーおよびJRFUの三者のパートナーシップによって発足したプログラムで、「日本におけるラグビー振興」「アジアにおけるラグビー振興」「アジアにおける放送網の拡大」「世界におけるラグビー振興」の4つの主要ポイントに重点を置き、日本を含めたアジア全体でラグビーを新しく始める人々を100万人以上増やすなど、参加者拡大と持続的なビジネスモデル育成によって世界のラグビー振興につなげていくことを目的としています。


Land Rover PR social channels:
- Twitter: https://twitter.com/LandRoverJPN; @LandRoverJPN

◆お問い合わせ先◆
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る