News

パナソニック・ジャガー・レーシング、フォーミュラE選手権 第5戦 香港グランプリに出走~ミッチ・エバンスは開幕戦から5戦連続でポイントを獲得~

公開日:2019/03/13 13:30

2019年3月13日

パナソニック・ジャガー・レーシング、
フォーミュラE選手権 第5戦 香港グランプリに出走
ミッチ・エバンスは開幕戦から5戦連続でポイントを獲得


■ABB FIA フォーミュラE選手権2018/2019シーズン 第5戦が香港で開催
■ミッチ・エバンスは第4戦同様に驚異的な追い上げで順位を10上げて、7位でフィニッシュし、6ポイントを獲得
■ネルソン・ピケJr.はサスペンション・ダメージによりリタイア
■パナソニック・ジャガー・レーシングは3月23日(現地時間)に開催される第6戦三亜グランプリに挑む

2019年3月10日、香港発: パナソニック・ジャガー・レーシングは、ABB FIA フォーミュラE選手権2018/2019シーズン 第5戦 香港グランプリに出走し、ウェットで難しいコンディションのなか、ミッチ・エバンスは決勝レースを7位でフィニッシュしました。一方、ネルソン・ピケJr.は雨天の予選に続いて15番グリッドからスタートしたものの、1周目にサスペンション・ダメージにより、リタイアを余儀なくされました。

ミッチ・エバンスは、リタイアが相次ぐ荒れたレースのなか、「I-TYPE 3」を巧みにペースコントロールし、17番グリッドスタートから順位を10上げて7位となり、開幕戦から5戦連続でポイントを獲得しました。

パナソニック・ジャガー・レーシングは3月23日(現地時間)に開催される次戦、中国・三亜市でのレースに挑みます。

ドライバー、ミッチ・エバンスのコメント:
「今日の天候と路面コンディションを考慮すると、ポイントを獲得してチームに貢献することができ嬉しいです。コースではいくつかのアクシデントがあり、どのマシンも先頭集団に食い込むために必死でしたが、7位でレースを終えることができ、ほっとしています。後方からスタートした場合、目標とするのはポイント圏内の10位以内ですが、無事に達成することができました。シーズンを通じて学ぶことはまだまだたくさんありますし、今日のレースも然りです。フォーミュラE選手権は今回で50戦目を迎えましたが、初めてのウェットコンディションでした。この経験は、チームにとっても多くの学びになります。」

ドライバー、ネルソン・ピケJr.のコメント:
「クオリファイ・セッションの結果からグリッドの後方からのスタートになると、決勝レースでは上位を目指して、多少のリスクがあってもアグレッシブなレース展開を選ばざるを得ません。マシンが少し接触するだけでダメージを受けることもありますが、これもリスクのひとつです。今日起きたことはまさにそれですし、これがモータースポーツの世界です。決勝レースで良いスタートを切り、リスクを軽減するためには、クオリファイ・セッションにフォーカスして改善していく必要があります。」

パナソニック・ジャガー・レーシング・チームのディレクターであるジェームズ・バークレーのコメント:
「今日は終日、全ドライバーにとってトリッキーなレースだったと思います。ミッチ・エバンスは賢明な走りをみせ、上位に食い込む際も冷静に対処していました。『I-TYPE』は高いエネルギー効率とスピードを兼ね備えていますが、クオリファイ・セッションにおいてはまだ改善の余地があります。私たちの強みであるスピードで、クオリファイ・セッションで結果を出すことができれば、すべてが変わってくるでしょう。香港グランプリ以前のレースを見てもわかるように、最初の1周はリスクを伴います。ネルソン・ピケJr.は、残念ながらアクシデントに巻き込まれ、リタイアとなってしまいました。
次戦はパナソニック・ジャガー・レーシングにとって中国本土デビューとなる三亜グランプリということもあり、とても楽しみです。ジャガー・チャイナのサポートと熱狂的なファンの応援を頼りにしています。」

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2019年3月10日(現地時間)に発表したプレスリリースの抄訳です。

以上


エディターズ・ノート

パナソニック・ジャガー・レーシングについて
ジャガーは2016年10月にモータースポーツ界に復帰し、電気自動車によるレーシング・シリーズ、ABB FIAフォーミュラE選手権に参戦した、最初のプレミアム自動車メーカーとなりました。

ジャガーのフォーミュラEプログラムは、その基本原則として「Race to Innovate(イノベーションのためのレーシング)」を掲げており、将来のジャガー・ランドローバーの市販車の電動化に向けた研究開発に活用していきます。

マニュファクチャラーは、モーター、トランスミッション、インバータ、リア・サスペンションを含むパワートレインを設計することができます。コストを抑えるため、カーボン・ファイバー・シャシーとバッテリーは全チーム共通とし、パワートレイン開発に焦点が絞られています。

ABB FIAフォーミュラEは2018年、「Generation 2」の新しいフォーミュラEレースカー「I-TYPE 3」を発表しました。各チーム、ドライバー1人につきレースカー1台となり、従来義務付けられていたマシンの乗り換えは不要となりました。

フォーミュラEは、電気自動車によるレースというコンセプトに加え、モータースポーツの世界において開催地の選定に関してもユニークです。選手権はリヤド、香港、三亜、モナコ、ローマ、パリなどといった世界的大都市を舞台に、一時的に設営されるストリート・サーキットで開催され、最終戦はニューヨークで2戦連続開催されるダブルヘッダー・レースで閉幕します。


- Jaguarウェブサイト: http://www.jaguar.co.jp


◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る