News

ジャガー・ランドローバー・ジャパン、2018年度輸入車新規登録台数が過去最高となる7,998台を記録

公開日:2019/04/08 17:30

2019年4月8日

ジャガー・ランドローバー・ジャパン、
2018年度輸入車新規登録台数が過去最高となる7,998台を記録


■日本自動車輸入組合が発表した2018月度輸入車新規登録台数(速報)において、2018年4月~2019年3月の登録台数がジャガー・ランドローバー・ジャパン設立以来、過去最高となる7,998台を記録
■ジャガーは774台で3月単月台数の過去最高記録を達成し、年間台数は3,759台を達成
■ランドローバーは764台で3月単月台数の過去最高記録を達成し、年間台数も過去最高記録4,239台を達成
■新たにラインアップに加わったランドローバー ミッドサイズ・ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER VELAR」や、ジャガー コンパクト・パフォーマンスSUV「E-PACE」が販売増に大きく寄与

ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン/Magnus Hansson)は、日本自動車輸入組合が発表した2018年度輸入車新規登録台数(速報)において、2018年4月~2019年3月における登録台数がジャガー・ランドローバー・ジャパン設立以来過去最高となる7,998台を達成しました。

2017年7月に登場したランドローバー ミッドサイズ・ラグジュアリーSUV「RANGE ROVER VELAR」や、2018年2月にラインアップに加わったジャガー コンパクト・パフォーマンスSUV「E-PACE」が新規顧客の獲得に貢献したほか、初めてのフルモデルチェンジをし、2019年に日本導入を控えている「RANGE ROVER EVOQUE」の現行モデルも根強い人気で台数増を牽引しました。さらに、魅力的なキャンペーンやファイナンスサービスの提案、正規販売ディーラーネットワークの新設やリニューアル(新CIへの移行)を積極的に行いお客様のサービス向上を図ってきました。

ジャガー・ランドローバー・ジャパン代表取締役社長マグナス・ハンソンは、次のように述べています。「2018/19年度は、ジャガー・ランドローバー・ジャパンにとって特別な1年でした。『E-PACE』や『RANGE ROVER VELAR』など新しく導入したモデルが、着実に日本のお客様に受け入れられ、当社としてさらなる成長を成し遂げることができました。2019/20年度も、この勢いがより加速されます。エレクトリック・パフォーマンスSUV『I-PACE』のデリバリーが始まり、ラグジュアリー・コンパクトSUVである新型『RANGE ROVER EVOQUE』も投入されるなど、日本市場における当社の電動化が本格化します。

また、今年はラグビーワールドカップTM 2019日本大会のワールドワイド・パーナーとして様々な施策を打って大会を盛り上げていきます。今後も、ジャガーおよびランドローバーのモデルでドライブする楽しさをより多く提供できるよう、社員・販売員一同、より一層の努力につとめてまいります。」

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、今後も日本における、さらなるブランド認知拡大および販売力強化を目指し、今後も販売活動およびマーケティング活動、お客様満足度の向上に注力していきます。

以上


Jaguar PR social channels:
- Twitter: https://twitter.com/JaguarJPN @JaguarJPN

Land Rover PR social channels:
- Twitter: https://twitter.com/LandRoverJPN @LandRoverJPN


◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る