News - Defender

走行テストは120万kmに達し、新型「DEFENDER」の開発は最終段階に~2019年後半のワールドプレミアに向け、最終フィールドテスト計画を発表~

公開日:2019/05/07 13:00

2019年5月7日

走行テストは120万kmに達し、新型「DEFENDER」の開発は最終段階に
2019年後半のワールドプレミアに向け、最終フィールドテスト計画を発表


Ready for anything: 新型「DEFENDER」のテスト走行距離が120万kmに到達し、開発の節目を迎える
New challenge awaits: ランドローバーのグローバル環境保全パートナーである、アフリカ野生動物保護組織「Tusk Trust(タスク・トラスト)」と協力し実施する最終フィールドテストに向け、特別なカモフラージュを施したプロトタイプ車両を用意
Unstoppable capability: ケニアのボラナ野生保護区で牽引や渡河走行、資材運搬を行い、極めて重要な自然保護活動を支援
Tested to the extreme: プロトタイプ車両は、世界で最も過酷とされる場所で4万5000項目以上ものテストを完了予定
World Land Rover Day: 1948年4月30日にアムステルダム・モーターショーで初代「LAND ROVER」がデビューしたことを記念した日で、今年で71周年を迎えた
Register your interest: 新型「DEFENDER」は2019年後半にワールドプレミアを予定。新型「DEFENDER」に関する最新情報を希望の方は以下より登録ください

2019年4月30日、英国ゲイドン発: ランドローバーは、2019年後半の新型「DEFENDER」ワールドプレミアを控え、ブランドが誕生してから71周年となる4月30日の「World Land Rover Day」に、最終フィールドテストの計画を発表しました。フィールドテストは、アフリカ野生動物保護組織「Tusk Trust(タスク・トラスト)」の協力のもと、ケニアで実施予定です。

ランドローバーと「Tusk Trust」との15年におよぶパートナーシップの一環として、ユニークなカモフラージュを施した新型「DEFENDER」のプロトタイプ車両を使って、1万4000ヘクタールにおよぶケニアのボラナ野生保護区の過酷な地形で、重量物の牽引や渡河走行、資材の運搬など一連の実地テストが行われます。

2019年後半のワールドプレミアまでに、新型「DEFENDER」には地球上で最も過酷といわれる環境で4万5000項目ものテストを実施します。その舞台は、50度の高温にもなる砂漠からマイナス40度の北極圏、米国コロラド州ロッキー山脈の1万フィートという環境にまで至ります。こうした様々な試験をクリアした新型「DEFENDER」は、冒険心に溢れるドライバーにとっても、日常的な運転に安心を提供できます。

ジャガー・ランドローバーのプロダクト・エンジニアリング担当エグゼクティブ・ディレクターである、ニック・ロジャースは次のように述べています。
「広範囲におよぶシミュレーションやリグテストに加え、あらゆる地形や極限の気候条件下で新型『DEFENDER』を120万km走行させ、ランドローバー史上最もタフで走破能力に長けたモデルを目指して開発に取り組んでいます。このたび、『Tusk Trust』のサポートにより、ケニアのボロナ野生保護区で貴重なフィールドテストの機会を得ることができました。ランドローバーのエンジニアたちは、この最終テストで新型『DEFENDER』が開発目標を達成していると確信することができるでしょう。」

ドイツのニュルブルクリンクでのダイナミクス走行に加え、英国イーストナーの泥地や米国ユタ州モアブの険しい岩場、ドバイの砂丘などあらゆる地形で実地テストをした新型「DEFENDER」は、他に類を見ない多岐にわたる走破能力と、新たなレベルの快適性、ドライバビリティを備えることになります。

新型「DEFENDER」は、世界屈指のデザイン、エンジニアリング、テスト施設を有する英国ゲイドンで開発をしていますが、生産は、ランドローバーがスロバキア共和国のニトラ市に開設した最新の製造工場が新たな拠点となります。

ランドローバーは、「Tusk Trust」のオフィシャル・パートナーを15年間務めており、世界の最僻地へのアクセスを支援しています。今回の最終フィールドテストの計画は、1948年4月30日に初代「LAND ROVER」がアムステルダム・モーターショーで世界デビューを果たした記念日「World Land Rover Day」にあわせて発表しました。

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2019年4月30日(現地時間)に発表したプレスリリースの抄訳です。日本における導入時期および仕様、サービス内容に関しては、決定次第発表します。

以上


エディターズ・ノート

ランドローバーについて
ランドローバーは1948年以来、そのモデル・シリーズ全体にわたり、本格的な4x4を継続して製造しています。「DEFENDER」、「DISCOVERY」、「DISCOVERY SPORT」、「RANGE ROVER」、「RANGE ROVER SPORT」、「RANGE ROVER VELAR」、そして「RANGE ROVER EVOQUE」は、それぞれが世界のSUVカテゴリーを代表するモデルです。現在、これらのモデルの80%は輸出され、世界100か国以上で販売されています。

Land Rover PR social channels:
- Twitter: https://twitter.com/LandRoverJPN; @LandRoverJPN

◆お問い合わせ先◆
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る