News

エクステリア・デザインを一新し、インテリアの質感を高めた 「DISCOVERY SPORT」2020年モデル 2019年11月29日(金)より受注開始 最新のアーキテクチャーを採用し剛性、安全性、静粛性、快適性を向上

公開日:2019/11/29 13:00

2019年11月29日

エクステリア・デザインを一新し、インテリアの質感を高めた
「DISCOVERY SPORT」2020年モデル
2019年11月29日(金)より受注開始
最新のアーキテクチャーを採用し剛性、安全性、静粛性、快適性を向上


■「DISCOVERY SPORT(ディスカバリー・スポーツ)」2020年モデルを2019年11月29日(金)より受注開始
■ひと目でDISCOVERYファミリーとわかるエクステリア・デザインに質感と利便性を高めたインテリア
■3種類のエンジン・ラインアップに加え、スポーティーさを際立たせた「R-DYNAMIC」をボディタイプに加えて2種類用意し、全10機種を展開
■ランドローバー最新のアーキテクチャー、「PTA(Premium Transverse Architecture)」の採用により、剛性、安全性、静粛性、快適性が向上

ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン/ Magnus Hansson)は、プレミアム・コンパクトSUV「DISCOVERY SPORT(ディスカバリー・スポーツ)」2020年モデルを、2019年11月29日(金)より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始します。

走破性と多用途性を兼ね備えた「DISCOVERY SPORT」2020年モデルでは、一目でDISCOVERYファミリーであることがわかるデザインに一新しています。

また、フロントグリルやバンパー(フロント/リア)のデザインを変更し、シグネチャーLEDヘッドライト(フロント/リア)も採用しました。インテリアの質感も向上させており、素材を見直し耐久性を高めています。さらに、コンパクトSUVでありながら、7人乗車ができる3列目シートと、スライド&リクライニング機構を備えた40:20:40の分割可倒式2列目シートを備え、24通りものシートアレンジを可能にし、実用性と多用途性をさらに強化しています。
エンジン・ラインアップは2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(D180)と2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(P200、P250)の3種類、ボティタイプはスポーティーな「R-DYNAMIC」を加えた2種類を展開し、ラインアップは全10機種となります。

また2020年モデルでは、ランドローバー最新のアーキテクチャー、PTA(Premium Transverse Architecture)を採用して剛性を高めており、走行中のノイズや振動を抑え、安全性と快適性をさらに向上させています。そして、フロントシャシー部分のアーキテクチャーを刷新しており、エンジンマウント位置を従来よりも低くすることで低重心化を図り、コーナーリング時のステアリング・レスポンスを改善するとともに、高い操縦性能と静粛性を実現しています。路面状況に応じて最適なサスペンション、トランスミッション、トラクションなどの車両設定を自動制御するテレイン・レスポンス2やエマージェンシーブレーキ、クルーズコントロール、レーンキープアシストに加え、まるでボンネットがないかのように、フロント下180度の視角を確保するClearSightグラウンドビューなど、充実したドライバー支援システムを標準装備しています。

さらにオプションとして、センターコンソールのくぼみに置くだけで、スマートフォンなどの充電が可能になるワイヤレス・デバイス・チャージングや後方視界が悪い時に、視野角50度の高解像度映像をルームミラーに映し出して視認性を高めるClearSightインテリア・リアビューミラー、主要情報をフロントガラスに映し出すヘッドアップディスプレイ(HUD)、スライド&リクライニング機能(2列目シート)など、利便性の高い最新機能も選択できます。

<「DISCOVERY SPORT(ディスカバリー・スポーツ)」2020年モデル 概要>

■受注開始日
2019年11月29日(金)

■主な特長および装備
・エンジン・ラインアップは、2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(D180:最高出力132kW/180PS・最大トルク430Nm)と、2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(P200:最高出力147kW/200PS・最大トルク320Nm、P250:最高出力183kW/249PS・最大トルク365Nm)の3種類
・スポーティーさを際立たせた「R-DYNAMIC」を追加し、ラインアップは全10機種
・最新のアーキテクチャー、PTA(Premium Transverse Architecture)の採用により剛性を高め、走行中のノイズや振動を減らし、安全性と快適性を向上
・フロントシャシー部分のアーキテクチャーを刷新。エンジンマウント位置を従来よりも低くすることで低重心化を図り、コーナーリング時のステアリング・レスポンスを改善し、高い操縦性能と静粛性を実現
・フロントグリルやバンパー(フロント/リア)のデザインを変更
・シグネチャーLEDヘッドライトの採用
・インテリアの素材や耐久性を見直し、質感を向上
・7人乗車ができる3列目シート、スライド&リクライニング機構を備えた40:20:40の分割可倒式2列目シートを備え、24通りものシートアレンジが可能
・後方視界が悪い時に、視野角50度の高解像度映像をルームミラーに映し出して視認性を高める、ClearSightインテリア・リアビューミラー* (R-Dynamic HSE P250は標準装備)
・センターコンソールのくぼみに置くだけで、スマートフォンなどの充電が可能なワイヤレス・デバイス・チャージング*
・「コンフォート」「エコ」「砂地」「草 / 砂利 / 雪」「泥 / わだち」の5つのモードから選択できるテレイン・レスポンス2
・まるでボンネットがないかのように、フロント下180度の視角を確保する、ClearSightグラウンドビューを含む360º サラウンドカメラ
・エマージェンシーブレーキ、クルーズコントロール、レーンキープアシストなどの充実したドライバー支援システム
・時速30km/h以上で動作する、車線のない道路でも前方車両追従するアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)*
・速度、ギアポジション、ナビゲーションなどの情報をフロントガラスに映し出すヘッドアップディスプレイ(HUD)*
*オプション装備

■エクステリアカラー(全12種)
ナルヴィックブラック、フジホワイト、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、インダスシルバー、フィレンツェレッド、バイロンブルー、アイガーグレイ、ポルトフィーノブルー、カルパチアングレイ、シリコンシルバー、ナミブオレンジ

■メーカー希望小売価格(消費税10%込み)
<モデル名、価格>
DISCOVERY SPORT D180、5,130,000円
DISCOVERY SPORT S D180、5,760,000円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC S D180、6,090,000円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC SE D180、6,600,000円
DISCOVERY SPORT P200、4,500,000円
DISCOVERY SPORT S P200、5,130,000円
DISCOVERY SPORT SE P200、5,630,000円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC S P250、5,890,000円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC SE P250、6,390,000円
DISCOVERY SPORT R-DYNAMIC HSE P250、7,010,000円

※保険料、消費税を除く税金、登録に伴う費用、付属品、リサイクル料金は含みません。
以上


Land Rover PR social channels:
- Twitter: https://twitter.com/LandRoverJPN; @LandRoverJPN


◆お問い合わせ先◆
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る