News

フォーミュラE世界選手権シーズン7開幕に先立ちジャガー・レーシングが新型レーシングマシン「I-TYPE 5」を発表

公開日:2020/12/07 10:10

2020年12月17日

フォーミュラE世界選手権シーズン7開幕に先立ち
ジャガー・レーシングが新型レーシングマシン「I-TYPE 5」を発表

ジャガー・レーシングは、ABB FIA フォーミュラE世界選手権シーズン7に参戦
自社開発の最先端パワートレインを搭載したフルバッテリー電気自動車(BEV)の新型レーシングマシン「I-TYPE 5」を発表
優勝実績を持つドライバー、サム・バードとミッチ・エバンスというラインアップでシーズン7でのさらなるポイント獲得を目指す
素材科学分野のリーディング・カンパニーであるDowが、ジャガー・レーシングの新たなオフィシャル・パートナーに
ジャガー・レーシング・フォーミュラEチームは、リサイクル素材のナイロンやポリエステルで作ったカスタム・デザインのPolo Ralph Laurenのパッカブル・キルトジャケットを着用
「Race to Innovate」ミッションのもと、サステナブル(持続可能)な「TYPEFIBRE」という素材を使用して革新的なシートを開発し、「I-TYPE 5」に採用
2021年1月16日にチリ・サンティアゴの市街地コースで開催される開幕戦を皮切りに、世界の12都市で開催されるシーズン7全14戦に参戦

2020年11月27日 英国ホイットリー発: ジャガー・レーシングは、ABB FIA フォーミュラE世界選手権シーズン7開幕に向け、フルバッテリー電気自動車(BEV)の新型レーシングマシン「I-TYPE 5」を発表、披露しました。

このシングルシーターの「I-TYPE 5」は、今後2シーズンに出走することになっており、自社開発の新型パワートレインを搭載しています。ジャガー・レーシングのエンジニアたちは、効率化の向上、さらなる軽量化、低重心化に注力してパワートレインの開発に取り組みました。新型サスペンションは、各地のサーキットに適応するため調整範囲を拡大し、インバーターの効率を高め、スイッチングスピードとパフォーマンスも大幅に向上させています。なお、最新技術を用いたインバーターには、導電性の高い24金を使用しました。

「I-TYPE 5」のステアリングを握るのは、フォーミュラEドライバーの最強コンビになるであろう、サム・バードとミッチ・エバンスの2人です。ミッチ・エバンスは、ジャガー・レーシングがフォーミュラEに初参戦した2016年からドライバーを務めています。サム・バードは、これまでフォーミュラEの毎シーズンで勝利を収めてきた実績のあるドライバーで、今シーズンから新たに加入しました。

さらに、ジャガー・レーシングは、今シーズンから世界有数の素材科学会社Dowを新たにオフィシャル・パートナーとして迎えます。自動車業界において100年以上の経験を持つDowは、同社が持つMobilityScienceTM プラットフォームや、ポリオレフィン、ポリウレタン、アクリル、特殊化学品、シリコーン技術を通じて、素材に関する専門的知識とパイオニア精神をジャガー・レーシング・チームに提供します。

DowはGKN Automotive、Viessmann、Castrol、Alpinestars、DR1VAをはじめとするジャガー・レーシングの主要パートナーに加わります。

また、Polo Ralph Laurenとジャガー・レーシングは協力して、最先端のイノベーション、サステナビリティという共通の価値観を提示します。ジャガー・レーシングは、リサイクルされたナイロン、ポリエステル、ダウンの代替素材である断熱材で作ったPolo Ralph Laurenのカスタム・デザインのパッカブル・キルトジャケットに、ジャガー・レーシングのロゴを配したものを着用し、新シーズンに挑みます。

ジャガー・レーシングはシーズン7の開幕に際し、新たに「TYPEFIBRE」というサステナブルな新素材を使用し、「I-TYPE 5」にこの素材を使用したシートのプロトタイプを採用しました。これは、チームが掲げるミッション「Race to Innovate」の一環として取り組んだもので、今後世界中のさまざまな温度変化や負荷のかかる環境下でテストを行っていきます。レースで培った最新のテクノロジーによるベネフィットを市販車にも共有して将来的にジャガーのお客様にも提供していくことを目指しています。

ジャガー・レーシング・チームのディレクターであるジェームズ・バークレーのコメント:
「シーズン7は、ジャガー・レーシングにとっても、フォーミュラEにとっても、非常にエキサイティングなシーズンになるでしょう。世界選手権というステータスになって最初のシーズンであり、ジャガー・レーシングにとっては参戦5年目となります。チームが一丸となって懸命に取り組み、最高の効率性を誇る最新鋭のレーシングマシンを作り上げ、お客様やファン、パートナーの皆様にこうしてお披露目することができ、とても光栄です。また、今シーズンからサム・バードをジャガー・レーシングのファミリーに迎えました。彼はすでにチームにしっかりと溶け込んでいます。サムもミッチも、チームの他のメンバーとともに、高いモチベーションで準備を進めています。我々の新しいパートナーであるDowにも心から歓迎の意を表したいと思います。サンティアゴまでのカウントダウンが既に始まっています。開幕戦では、積極的にポイントを取りに行き、表彰台、そして勝利を狙っていきたいと思います。」

ドライバー、サム・バードのコメント:
「新型『I-TYPE 5』のお披露目に立会い、改めてジャガー・レーシングの一員に加わったという実感が沸いてくると同時に、シーズン7がいよいよ始まるという興奮も高まってきました。この新型マシンのお披露目はレース活動以外では最大のマイルストーンであり、チームがオフシーズン中、いかに努力を積み重ねてきたかをお見せできる機会でもあります。『I-TYPE 5』でサーキットを走る日が待ちきれません。そして、英国を象徴するブランドであるジャガーとともに新シーズンをスタートさせることがとても楽しみです。」

ドライバー、ミッチ・エバンスのコメント:
「新型マシンの発表はいつも、チームにとって記念すべき重要な瞬間です。これまで努力してきたことや新シーズンに向けた意気込みを世界に向けて発信できるからです。私にとっても、目標を設定し、弾みをつけてシーズンの開幕に臨む場でもあります。このチームで5年目のシーズンを迎える今回、チーム一丸となって最高の結果を残す年にできるよう、これまで以上に決意を固めています。」

ジャガー・レーシングは2021年1月16日にチリ・サンティアゴの市街地コースで開催される開幕戦を皮切りに、12都市で開催される全14戦に参戦します。

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2020年11月27日(現地時間)に発表したプレスリリースの抄訳です。


エディターズ・ノート

ジャガー・レーシングについて
ジャガーは2016年10月にモータースポーツ界に復帰し、電気自動車によるレーシング・シリーズ、ABB FIA フォーミュラE選手権に参戦した、最初のプレミアム自動車メーカーとなりました。2019年、パナソニック・ジャガー・レーシングはローマ・グランプリで初優勝を果たし、これは、ジャガーが国際的なモータースポーツイベントで勝利を飾った1991年以来初となります。

ジャガーにとってフォーミュラEは、電動化の未来を加速させるための現実世界のテストベッドです。

フォーミュラEの公式マニュファクチャラー・チームとして、ジャガー・レーシングは、モーター、トランスミッション、インバーター、リア・サスペンションを含むパワートレインを独自設計しています。

コストを抑えるため、カーボン・ファイバー・シャシーとバッテリーは、全12チーム共通となっています。これにより、効率的で軽量なパワートレインの開発に焦点を絞ることができ、未来のジャガー・ランドローバーの電気自動車のパフォーマンスの向上とラインアップ拡大につながります。

フォーミュラEの2020/21年シーズンは、国際自動車連盟(FIA)主催の世界選手権ステータスとなって迎える初めてのシーズンとなり、各チームにとって、「Generation 2」のレースマシンを使用する3度目のシーズンとなります。

各チームは、ドライバー1人につき1台、計2台のレースカーを用意し、全レースを戦います。

フォーミュラEは、電気自動車によるレースというコンセプトに加え、モータースポーツの世界においては開催地の選定もユニークです。選手権は世界的大都市を舞台に、特設の公道サーキットで開催され、今シーズンは、サンティアゴ、ディルイーヤ、三亜、ローマ、パリ、モナコ、ニューヨークなどを転戦した後、ロンドンで週末に行われるダブルヘッダーレースで最終戦を迎える予定です。

昨シーズン、ミッチ・エバンスはドライバーズ・ランキング7位、ジャガー・レーシングとしてはメキシコシティで勝利、サンティアゴで表彰台、ポールポジションを1回獲得して、総合7位でした。ミッチ・エバンスはこれまでフォーミュラEで毎シーズン勝利を飾っているイギリス人ドライバー、サム・バードともにシーズン7に参戦します。

シーズン7からは、フォーミュラEは、主催するFIAによって、正式に世界選手権のステータスが与えられ、「ABB FIA フォーミュラE世界選手権」として開催されます。

Race to Innovate
電気自動車による唯一の世界選手権であるフォーミュラEを通して、ジャガーはハイパフォーマンスが求められる環境で新たな電気自動車テクノロジーをテストし、開発しています。レースは、「Race to Innovate(イノベーションのためのレーシング)」をブランドミッションに掲げるジャガーにとって、技術検証を行う最高のプラットフォームであり続け、電動化の未来を形作るために、レースで得た知識や経験を市販車へ、そして市販車からレースへと相互に役立てることができます。それこそがジャガーが情熱を傾けて目指している未来であり、社会貢献、モビリティの変容、持続可能性、そしてお客様のためにその実現に懸命に取り組んでいます。

- Jaguarウェブサイト: http://www.jaguar.co.jp

◆お問い合わせ先◆
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689(9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る