News

「DISCOVERY」2022年モデルを2021年7月8日(木)より受注開始 エンジン・ラインアップを刷新し、より洗練されたエクステリア・デザイン

公開日:2021/07/08 12:16

2021年7月8日

「DISCOVERY」2022年モデルを2021年7月8日(木)より受注開始
エンジン・ラインアップを刷新し、より洗練されたエクステリア・デザイン

■「DISCOVERY」2022年モデルの受注を2021年7月8日(木)より開始
■現行モデルになった2017年以来初のマイナーチェンジ
■エンジン・ラインアップを刷新し、マイルド・ハイブリッド・テクノロジー(MHEV)を採用した、3.0リッター直列6気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(最高出力221kW/300PS)と、3.0リッター直列6気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力265kW/360PS)から選択可能
■フロントグリル、バンパー、LEDヘッドライト、テールライトなどを一新
■インテリアは、3列目シートを標準装備し、2列目シートの形状、シートクッションの角度や厚みを改善
■よりダイナミックな外観と洗練された内装を備えたグレード「R-DYNAMIC」をラインアップに追加
■最新インフォテインメント・システム「Pivi Pro」を標準装備
■3Dサラウンドカメラをはじめ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなどのドライバー支援システムを標準化
■PM2.5、花粉やバクテリアなどのアレルゲンにも対応した空気浄化システムを追加(オプション)

ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン/ Magnus Hansson)は、フルサイズSUV「DISCOVERY」の2022年モデルを2021年7月8日(木)より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始します。

2022年モデルでは、大幅な改良を施しています。エンジンは3.0リッター直列6気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(最高出力221kW/300PS、最大トルク650Nm)と3.0リッター直列6気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力265kW/360PS、最大トルク500Nm)の2種類を取りそろえ、ベルト・インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(BiSG)とリチウムイオンバッテリーで構成される48VのMHEVを採用した最新のラインアップにしています。

エクステリアは、LEDヘッドライトやテールライト、フロントグリル、バンパー(フロント/リア)のデザインを変更し、「DISCOVERY」のキャラクターと力強さを際立たせています。インテリアも3列目シートを標準装備としたほか、2列目シートの形状、シートクッションの角度や厚みを改善し、7人の乗員が快適に過ごせる空間に改良しました。さらに、ダイナミックな外観と洗練された内装を備えたグレード「R-DYNAMIC」を追加しています。

「DISCOVERY」初搭載となる3Dサラウンドカメラをはじめ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、クリアイグジットモニター、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなどのドライバー支援システム、さらに最新インフォテインメント・システム「Pivi Pro」を標準装備します。「Pivi Pro」に付帯するオンラインパックには、専用の通信データプランを用意しており、施設情報やガソリン価格、マップデータの取得をはじめ、音楽、天気、カレンダーなどのコネクテッドアプリを、スムーズで快適な通信環境下で、データ容量を気にすることなく使用することができます。

さらに、多機能な空気浄化システムをオプションで新たに用意し、車外の空気の状況や車内のCO2量をモニタリングし、必要に応じて内気循環を作動させたり、エアコン動作時にマイナスイオンを発生させたり、PM2.5や花粉、バクテリアなどのアレルゲン物質を取り除くフィルターをつけるなど、よりクリーンな環境を提供します。

<「DISCOVERY」2022年モデル 概要>
■受注開始日
2021年7月8日(木)

■主な特長および装備
・ベルト・インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター(BiSG)とリチウムイオンバッテリーで構成される48VのMHEV を搭載した、3.0リッター直列6気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(最高出力221kW/300PS・最大トルク650Nm)と、3.0リッター直列6気筒INGENIUMガソリン・エンジン(最高出力265kW/360PS・最大トルク500Nm)の最新エンジン・ラインアップを取り揃え、全10機種を展開
・エクステリアカラーにハクバシルバー、ランタオブロンズ、シャラントグレイを追加
・シグネチャーLEDヘッドライトやテールライト、フロントグリル、バンパー(フロント/リア)のデザインを変更
・3列目シート(「HSE」は電動)を標準装備。2列目シートの形状を見直し、シートクッションの角度や厚みを改善することで、快適性を向上
・ダイナミックな外観と洗練された内装を備えたグレード「R-DYNAMIC」をラインアップに追加
・最新インフォテインメント・システム「Pivi Pro」を標準装備。「Pivi Pro」に付帯するオンラインパックに専用の通信データプランを用意し、ナビゲーション(施設情報のオンライン検索/ガソリン価格のオンライン取得/マップデータのオンラインアップデート)、メディア(Spotify/Deezer/TuneInRadio、天気予報(AccuWeather)、カレンダー(Google Suite/Microsoft Office 365)のアプリがデータ容量を気にすることなく使用可能
・ドライバー支援システムを標準化
*3Dサラウンドカメラ
*ブラインドスポットアシスト
*アダプティブクルーズコントロール
*クリアイグジットモニター
*リアコリジョンモニター
*リアトラフィックモニター
・新オプションとして空気浄化システムを用意。主な機能は以下のとおり
*エアクオリティセンサー: 車外の空気の状況をモニタリングし、一定以上の汚れを検知したら自動的にエアコンを内気循環に変更
*空気清浄機能(リモート): リモートアプリからエアコンのファンを動作させ、車内の空気を入れ替え
*空気イオン化テクノロジー: エアコン動作時にマイナスイオンを発生
*CO2 マネジメント: 室内のCO2量をモニタリングし、必要に応じて内気循環をバランスよく解除
*PM2.5 フィルター: PM2.5 フィルターを追加し室内の微細な空気の汚れを取り除く
*アレルゲンフィルター: 花粉やバクテリアなどアレルゲン物質を取り除く

■エクステリアカラー(全12色)
ハクバシルバー(新色)、ランタオブロンズ(新色)、シャラントグレイ(新色)、フジホワイト、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、バイロンブルー、アイガーグレイ、ポルトフィーノブルー、カルパチアングレイ、シリコンシルバー、ナミブオレンジ

■ラインアップおよびメーカー希望小売価格(消費税10%込み)
<モデル名、価格>
3.0リッター直列6気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(MHEV)搭載モデル
最高出力221kW/300PS 最大トルク:650Nm
DISCOVERY D300、8,400,000円
DISCOVERY S D300、8,860,000円
DISCOVERY SE D300、9,500,000円
DISCOVERY R-DYNAMIC SE D300、9,960,000円
DISCOVERY R-DYNAMIC HSE D300、10,310,000円

3.0リッター直列6気筒INGENIUMガソリン・エンジン(MHEV)搭載モデル
最高出力265kW/360PS 最大トルク:500Nm
DISCOVERY P360、7,800,000円
DISCOVERY S P360、8,150,000円
DISCOVERY SE P360、8,850,000円
DISCOVERY R-DYNAMIC SE P360、9,300,000円
DISCOVERY R-DYNAMIC HSE P360、9,780,000円

※保険料、消費税を除く税金、登録に伴う費用、付属品、リサイクル料金は含みません。

以上

Land Rover PR social channels:
- Land Roverウェブサイト: http://www.landrover.co.jp
- Twitter: https://twitter.com/LandRoverJPN; @LandRoverJPN

◆お問い合わせ先◆
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568 (9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る