News

ランドローバー、ラグビーワールドカップ2023に向けてワールドワイド・パートナーシップ契約を締結

公開日:2021/11/19 11:00

2021年11月19日

ランドローバー、ラグビーワールドカップ2023に向けて
ワールドワイド・パートナーシップ契約を締結

■Above & Beyond: ランドローバーは、フランスで開催されるラグビーワールドカップ2023(RWC2023)のワールドワイド・パートナーとして、ワールドラグビーとともに最高の大会を目指す
Shared values: RWC2023フランス大会に向け、パートナー間の共通価値である情熱や誠実さ、リーダーシップをともに実践
■Positive Impact: RWC2023は、主要なラグビーイベントがもたらす社会的責任、包括性、サステナビリティ(持続可能性)の新たな基準を打ち立てる
■Platform for change: より良い未来を構築するために若者を支援するプラットフォームとして、「ランドローバー・ディフェンダーズ・オブ・トゥモロー(Land Rover Defenders of Tomorrow)」というマスコット・プログラムを発表
■Committed: ランドローバーは、フル電動化に向けた取り組みを通じて二酸化炭素(CO2)排出量を最小限に抑えるという大会の大志をサポートすることを約束

ランドローバーは、フランスで開催されるラグビーワールドカップ2023(RWC2023)の5社目のワールドワイド・パートナーとして、ワールドラグビーとの契約を締結したことを発表し、これまで築いてきた良好な関係の次なる章をともに綴っていきます。

今回のパートナーシップを記念して、ランドローバーのラグビー・アンバサダーであるディミトリ・ヤチビリ氏とブライアン・ハバナ氏、本大会初のマスコットキッズとなるパリ在住の8歳のアーサーくんが集結しました。

2015年にラグビーワールドカップのワールドワイド・パートナーとなった時以降、ランドローバーは、グラスルーツの活動を幅広く繰り広げており、ラグビーファンの子どもたちが毎試合の開始前にチームキャプテンと一緒にピッチに立てるラグビーワールドカップのマスコット・プログラムを通じて、世界中の何千人もの子どもたちにインスピレーションを与えてきました。

ランドローバーとワールドラグビーが共同で取り組んでいる、より持続可能な未来を目指すコミットメントを反映し、RWC2023のマスコットキッズを「ランドローバー・ディフェンダーズ・オブ・トゥモロー(Land Rover Defenders of Tomorrow)」と名付けました。このプログラムはランドローバーのグローバルキャンペーンにおいて重要な要素になり、彼らは、世界をより良く変えようとする情熱とコミットメントによって選出されます。

アーサーくんは、ランドローバー・フランスとフランスのトップ14リーグとの長期的なパートナーシップを通じて選ばれました。彼は、パリ近郊のレーシングクラブ、アスニエール(シュール・セーヌ)でラグビーをしています。

アーサーくんは次のように述べています。
「『ランドローバー・ディフェンダーズ・オブ・トゥモロー』の最初のひとりに選ばれてとても興奮しています。RWC2023がフランスで開催されるのが待ち遠しいし、自分がピッチに立つことをラグビークラブの友人たちに早く伝えたいです!」

ワールドラグビーの会長である、ビル・ボーモント氏は次のように述べています。
「ランドローバーは、あらゆるレベルにおいてラグビーの真のパートナーであり、フランスで開催されるRWC2023でも引き続きワールドワイド・パートナーとしてお迎えできることを大変嬉しく思います。大会として、またラグビーファミリーとして、未来の世代のために、ここフランスに、そして地球にポジティブな影響をもたらしていくことを約束します。

ランドローバーとのワールドワイド・パートナーシップは常に目的を重視したものです。日本で展開した『IMPACT Beyond』プログラムへのランドローバーの積極的な支援により、1万人の子どもたちがこのスポーツを体験することができました。私たちは、2023年のフランス大会でも同じビジョンとコミットメントを共有できることに興奮しており、未来に向けて変化をもたらすためにともに取り組んでいけることを楽しみにしています。」

ジャガー・ランドローバーのチーフ・コマーシャル・オフィサーである、レナード・ホーニックは次のように述べています。
「ランドローバーは20年間にわたり、ラグビーの中心に位置してきました。次なる章を綴るにあたり、私たちはラグビーを通じて社会にポジティブな変化をもたらすというフランス大会のコミットメントを共有します。これからの3年間は、ランドローバーにとって電動化に向けた重要な時期であり、ラグビーワールドカップはそのなかで重要な役割を果たすでしょう。」

RWC2023 フランス大会のCEOである、クロード・アチェ氏は次のように述べています。
「ランドローバーをRWC2023 フランス大会のグローバル・ワールドワイド・パートナーとして迎えることができ、大変光栄に思っています。ランドローバーのラグビーへの長年にわたるコミットメントは、グラスルーツから最高峰にまで至り、加えて、ランドローバーは電動化と社会へのポジティブな影響に関する野心的なロードマップを設定しています。これは、私たちの大会の大志と完全に一致しています。ラグビーワールドカップの開催にあたり、ランドローバーの知識と支援を得られることを大変嬉しく思っています。」

ジャガー・ランドローバーのチーフ・クリエイティブ・オフィサーである、プロフェッサー・ジェリー・マクガバンOBEは次のように述べています。
「私たちは、情熱、誠実さ、そして常に高みを目指す”ABOVE & BEYOND”というコミットメントなど、ラグビーコミュニティと共通する価値観を長年にわたって称えてきましたRWC2023では、ラグビーの力を示す機会がさらに増え、プレーヤーたちは未来の世代にインスピレーションを与える模範となるでしょう。」

ランドローバー・ディフェンダーズ・オブ・トゥモロー」についての詳細は、2022年春に発表予定です。

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバーが2021年11月16日(現地時間)に発表したプレスリリースの抄訳です。

以上

エディターズ・ノート

ワールドラグビーについて
ワールドラグビーは、国際連盟であり、6つのリージョナルアソシエーションを通じて加盟している128の国と地域の連盟に所属する5億人以上のファンと1,000万人以上のプレーヤーで構成されるグローバルムーブメントです。

アイルランドのダブリンに本拠地を置くワールドラグビーの目的は、その価値に忠実に、すべての人のためのグローバルスポーツというビジョンのもと、ラグビーをより意味のある身近なものにすることでラグビーを発展させることです。ラグビーの著しい成長の原動力となっているのは、ワールドラグビーが開催する主要大会の数々です。フラッグシップ大会である男子・女子ラグビーワールドカップをはじめ、未来のスタープレーヤーが活躍するU20チャンピオンシップ、新規ファンを惹きつける刺激的な大会である男子・女子ラグビーワールドカップ・セブンズやHSBCワールドラグビーセブンズシリーズまで、ワールドラグビー主催の大会ポートフォリオは多岐にわたっています。

男子ラグビーワールドカップの経済的成功により、ワールドラグビーはラグビーの発展と成長のために遊び場から表彰台まで記録的な額を投資することができ、ラグビーというスポーツをできるだけ多くの人々が楽しめる身近なものにすることができます。ワールドラグビーは、2020年から2023年の間に5億6500万ポンド以上をラグビーに投資する予定で、これは以前の4年間のビジネスサイクル比で22%増となります。

ラグビーワールドカップ2023について
ラグビーワールドカップ2023は、9月8日から10月28日までフランスで開催され、10開催都市の9会場で試合が行われます。この大会は、第10回男子ラグビーワールドカップであり、フランスでは2007年の記念すべき大会に続き、2回目の開催となります。

RWC2023は、ラグビースクールの生徒であるウィリアム・ウェブ・エリスが、1823年にボールをキャッチして走るという「見事なルールの無視」を行い、ラグビーフットボールを発明したと言われてから200年目の節目の年に開催されます。

RWC2023は、大会のレガシーとなる4つの重要な柱:持続可能性と循環型経済に根ざした行動、教育・訓練・雇用の支援、環境の尊重と保護、男女平等のチャンピオンとして包括性の促進を目標とし、主要なラグビーイベントにおける社会的責任、包括性、持続可能性に関する新たな基準を打ち立てます。

男子15人制ラグビーのショーピースイベントであるRWC2023には、RWC2019 日本大会のプール戦で上位3位以内に入り直接出場権を得た12チームと、世界的に行われている予選を勝ち抜いた8チームの計20チームが参加し、51日間で48試合が行われます。

ランドローバーについて
ランドローバーは1948年以来、そのモデル・シリーズ全体にわたり、本格的な4x4を継続して製造しています。「DEFENDER」、「DISCOVERY」、「DISCOVERY SPORT」、「RANGE ROVER」、「RANGE ROVER SPORT」、「RANGE ROVER VELAR」、そして「RANGE ROVER EVOQUE」は、それぞれが世界のSUVカテゴリーを代表するモデルです。

最新のディーゼル・エンジンとガソリン・エンジンだけでなく、フルバッテリー電気自動車(BEV)、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)、マイルド・ハイブリッド(MHEV)を含む、モデルレンジ全体で電動化のポートフォリオを有しています。ジャガーとランドローバーのすべての新型モデルには電動化のオプションを用意し、お客様により幅広い選択肢を提供します。

Land Rover PR social channels:
- Land Roverウェブサイト: http://www.landrover.co.jp
- Twitter: https://twitter.com/LandRoverJPN; @LandRoverJPN

◆お問い合わせ先◆
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568 (9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る