News

ジャガー・ランドローバーが10億ポンド規模のサプライヤー契約を締結し、300人の雇用を創出

公開日:2012/05/15 17:23

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバー社が2012年5月11日に発表したプレスリリースの日本語訳です。

2012年5月15日
(日本語訳発行日)
C12U001


概要
•レンジローバー・イヴォークとランドローバー・フリーランダー2のグローバルな成功が、物流関連の新たな雇用を創出
•レンジローバー・イヴォークの拡大する需要に応えるため、総額10億ポンドにのぼるサプライヤー契約を追加

2012年3月14日、UKヘイルウッド発
ジャガー・ランドローバー社(以下、JLR)は世界的に好調なレンジローバー・イヴォークの販売をふまえ、今後4年間に渡りUK国内のサプライヤーに追加で10億ポンドの取引を行うことを発表しました。

JLRは2011年3月の時点で、UK国内において40を超えるサプライヤーと20億ポンド相当の契約を結んでいましたが、今回の契約でさらに10億ポンドを追加します。サプライヤーからの部品、施設、サービスの提供は、マージーサイド州ヘイルウッド工場でのレンジローバー・イヴォークの生産ラインをサポートします。

またJLRはレンジローバー・イヴォークとランドローバー・フリーランダー2の世界的に好調な販売をサポートするために今夏、チェシャー州エルズミアに新たしい物流施設を開設することも合わせて発表しました。

自動車物流専用に設計され、ヘイルウッド工場の既存機能の強化が可能となる新施設の運営はJLRの物流プロバイダーであるDHLが行ないます。これによって新たに300人の雇用が創出される予定です。

ジャガー・ランドローバー社CEO、ラルフ・スペッツ博士は次のように述べています。
「今日の発表は、当社の自動車販売の堅調さと、継続的成長への明確な意欲を示すものです。
レンジローバー・イヴォークの世界的な需要から、サプライヤーへの支出を大幅に増やしても問題ないと判断しました。これはイギリス経済にとっても素晴らしいニュースであり、当社が国内サプライチェーンで支えている数千人の雇用を維持するためにも喜ばしいことです。新しくできる物流施設はイギリス北西部の経済に大きく貢献し、そしてフリーランダー2とレンジローバー・イヴォークの今後の成功を確かなものにしてくれるでしょう。」

DHLサプライチェーン部門、UK&アイルランド自動車関連サービス担当マネージング・ディレクターのポール・ダイヤー氏は次のように述べています。
「たゆみなく成長を続けるJLRの拡張プランに引き続き関わることができ、大変嬉しく思っています。UK北西部は自動車産業の一大サプライチェーンのハブとして成長が著しく、今回できる新しい施設はJLRの発展と成功が新しいステージへ進むことをより強化してくれるでしょう。」

新物流施設における採用情報は、近日中にDHL社から発表される予定です。

以上


本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先は、
03-5470-4242 (ジャガー・ランドローバー・ジャパン広報グループ代表)です。
https://pr.jlrj.jp/

この記事に関連するファイル

このページのトップに戻る