News

新型「RANGE ROVER SPORT」を2022年5月25日(水)より受注開始 史上最も魅力的で先進的、ダイナミックな走破性を兼ね備えた第3世代 特別仕様車「RANGE ROVER SPORT LAUNCH EDITION」限定160台も投入

公開日:2022/05/25 11:00

2022年5月25日

新型「RANGE ROVER SPORT」を2022年5月25日(水)より受注開始
史上最も魅力的で先進的、ダイナミックな走破性を兼ね備えた第3世代
特別仕様車「RANGE ROVER SPORT LAUNCH EDITION」限定160台も投入

■史上最も魅力的で先進的、ダイナミックな走破性を兼ね備えた新型「RANGE ROVER SPORT」の受注を2022年5月25日(水)より開始
新型「RANGE ROVER SPORT」は、英国時間2022年5月10日(水)<日本時間5月11日(木)>に、毎分750トンの水が流れる193mのダムの放水路を駆け上る世界初のチャレンジを記録したスペシャルムービー(URL: https://youtu.be/5SKm3AXrKEk)とともにグローバルデビュー
筋肉質なスタンスと張りのあるサーフェイス、パワフルで俊敏という「RANGE ROVER SPORT」のDNAを継承しながら、余計なものをそぎ落とし、モダニティと個性溢れるキャラクターを両立
電動化を念頭に、あらゆるパワートレインに対応するランドローバー最新のアーキテクチャー「MLA-Flex(flexible Modular Longitudinal Architecture)」を採用し、ねじり剛性は33kNm/degで、先代モデルより35%向上
初採用となるスイッチャブルボリュームエアスプリングを搭載したダイナミックエアサスペンションとツインバルブアクティブダンパーにより、俊敏性、コントロール性、安定感をかつてないレベルで実現
走行状況に応じて調整するダイナミックモード付きコンフィギュアブルテレインレスポンス®、新開発アダプティブオフロードクルーズコントロールを搭載
ハプティック(触覚)フィードバック機能付きの新開発13.1インチのフローティング式フルHDタッチスクリーンを装備した最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」、空気清浄システムプロ(ナノイー*X搭載、PM2.5フィルター付)、MERIDIAN™シグネチャーサウンドシステム(第3世代アクティブノイズキャンセレーション搭載)により、快適で静寂、クリーンな室内空間を実現
■新型「RANGE ROVER SPORT」の発売を記念した特別仕様車「RANGE ROVER SPORT LAUNCH EDITION」限定160台を2022年5月25日(水)から6月30日(木)までの期間限定で受注。マイルドハイブリッドテクノロジーを採用した3.0リッター直列6気筒INGENIUMガソリンエンジン(最高出力294kW/400PS・最大トルク550Nm)を搭載し、4色のエクステリアカラーを用意

ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン/ Magnus Hansson)は、新型「RANGE ROVER SPORT」を2022年5月25日(水)から全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注開始します。

第3世代目となる新型「RANGE ROVER SPORT」は、ランドローバー史上、最も先進的なシャシーテクノロジーを採用し、人目を惹く存在感と直感的なドライビングレスポンスを兼ね備えた、先進技術と走破性に長けた最も魅力的なラグジュアリー・パフォーマンスSUVです。

デザインは、モダニスト的なアプローチを全面的に取り入れながら、非の打ち所のないスポーティさと確固たるキャラクターを実現しています。張りのあるサーフェイスやダイナミックなスタンス、筋肉質なプロファイルなど、世代を超えてひと目で「RANGE ROVER SPORT」とわかるDNAを継承しながら、RANGE ROVERファミリーの特徴である洗練性とラグジュアリー、先進性、モダニズムをさらに進化させています。新しいフロントグリルやライトの形状、美しく仕上げたフラッシュサーフェスウィンドウとドアハンドル、控えめなウエストレールフィニッシャー、レーザー溶接ルーフなど、緻密で美しく、そして無駄を排したデザインになっています。その結果、エアロダイナミクスにも貢献し、空気抵抗係数(Cd値)はわずか0.29です。

インテリアにも、このデザイン哲学が色濃く反映されており、ボタンやスイッチ類を極力排除しながら、従来の高級レザーに加えて高品質のウルトラファブリック™などのアニマルフリーな次世代のサステナブルな素材の選択肢を取り揃え、モダニティにあふれた空間になっています。また、優れた視界を確保したコックピットのような室内は、人間工学に基づいて設計されたシート、ハプティック(触覚)フィードバック機能付きの新開発13.1インチのフローティング式フルHDタッチスクリーンを装備した最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」、静かでクリーンな環境を支えるMERIDIAN™シグネチャーサウンドシステム(第3世代アクティブノイズキャンセレーション搭載)や空気清浄システムプロ(ナノイーX搭載、PM2.5フィルター付)などにより、利便性と快適性を追求しています。

あらゆるパワートレインに対応する、ランドローバー最新のアーキテクチャー「MLA-Flex(flexible Modular Longitudinal Architecture)」を採用し、卓越したダイナミクスと比類なき洗練性を実現する基盤となっています。そしてこの基盤に高性能かつ革新的なシャシー技術の数々を取り入れています。48V駆動の電子制御アクティブロールコントロールシステムであるダイナミックレスポンスプロをはじめ、サスペンションの帯域幅を広げてダイナミックなハンドリングを可能にするスイッチャブルボリュームエアスプリングを初採用した最新世代のダイナミックエアサスペンション、アクティブツインバルブダンパーを連続的に制御して最適化するアダプティブダイナミクス2、オールホイールステアリング、トルクベクタリングバイブレーキング付き電子制御アクティブディファレンシャル、アダプティブオフロードクルーズコントロール(初採用)などにより、正確性、俊敏性、コーナリング性能、安定性、オフロード走破性をさらに極めています。

そして、新型「RANGE ROVER SPORT」の発売を記念した特別仕様車「RANGE ROVER SPORT LAUNCH EDITION」限定160台を、2022年5月25日(水)から6月30日(木)までの期間限定で受注します。フィレンツェレッド、ジオラグリーン、ヴァレジネブルー、サントリーニブラックの4色の外装色と23インチ"スタイル5135"9アロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)の組み合わせとなります。

<新型「RANGE ROVER SPORT」概要>
■受注開始日
2022年5月25日(水)

主な特長および装備
・あらゆるパワートレインに対応するランドローバー最新のアーキテクチャー「MLA-Flex」を採用。ねじり剛性は33kNm/degで、先代モデルより最大35%向上
パワートレインは3.0リッター直列6気筒INGENIUMターボチャージド・ディーゼル・エンジン(MHEV、最高出力221kW/300PS、最大トルク650Nm)
張りのあるサーフェイスやダイナミックなスタンス、筋肉質なプロファイルなど、世代を超えてひと目で「RANGE ROVER SPORT」とわかるDNAを継承。さらに、後方に向かって傾斜したフローティングルーフ、ウエストライン、短いフロントオーバーハング、主張のあるフロントエンド、傾斜の強いフロントとリアガラスといった特徴も引継ぎながら進化
切れ目のないフラッシュサーフェスウィンドウやフラッシュドアハンドル、目立たないようにしたウエストレールフィニッシャー、レーザー溶接ルーフにより、すっきりしたラインを強調。エアロダイナミクスにも貢献し、空気抵抗係数(Cd値)は0.29を実現
デジタルLEDヘッドライト(シグネチャーDRL&イメージプロジェクション付)を採用した新デザインのフロントグリル。グリル下部にはダブル開口のロアバンパーをボディカラーで切り替え、ワイドで力強い印象を演出
新設定グレードの「DYNAMIC」には、専用のバンパーデザインとロワーフィニッシュをはじめ、サテングレイのアロイホイール、サテンコッパーのアクセント(ボンネット、サイド)、マットグラファイトアトラス(フロントグリル、レタリング)を採用し、よりドラマチックな装備に
優れた視界を確保する、コックピットのような洗練されたインテリア
ランドローバーデザインが掲げる「MATERIALITY」戦略のもと、インテリア素材にサステナブルなウルトラファブリック™をラインアップ。抗菌性と通気性を備え、サステナブルで美しく、本革に匹敵する触感を実現。原材料を節約し、有害物質を含まないソリューションを利用して、天然資源への依存を最小限に抑えたプロセスで製造。30%軽量化し、CO2排出量を4分の1に削減
後部座席は人間工学に基づいて設計し、レッグルームが31mm、ニークリアランスが20mm広くなり、より快適性に
ハプティック(触覚)フィードバック機能付きの新開発13.1インチのフローティング式フルHDタッチスクリーンを備えた最新のインフォテインメントシステム「Pivi Pro」を標準装備。画面をタッチしたり押したりする動作をより確実に感知でき、運転中の視線移動を最小限に抑制。さらに、13.7インチのインタラクティブドライバーディスプレイも装備
車両の外側(各ホイールアーチ)に4つのマイクを設置して、室内に伝わるホイールの振動、タイヤノイズ、エンジンノイズをモニタリングし、サブウーファー、ドアスピーカー、ヘッドレストスピーカーを含む29機のスピーカーシステムから個別にノイズを打ち消すシグナルを再生させる第3世代アクティブノイズキャンセレーション。ノイズキャンセリング機能付きのハイエンドヘッドホンのように、室内の乗員に静寂なパーソナルスペースを提供(MERIDIAN™シグネチャーサラウンドサウンドシステムに標準装備)
空気清浄システムプロ(ナノイーX、PM2.5フィルター付)を搭載。PM2.5フィルターとナノイーテクノロジーが、車室内を快適な空気環境に。遠隔操作で、出発前に車内を快適な空気環境に設定可能
ランドローバー初となるスイッチャブルボリュームエアスプリングを採用したダイナミックエアサスペンションを標準装備。サスペンションの帯域幅を広げ、ダイナミックなハンドリングと快適性を両立
高速走行時の優れた安定性と低速走行時の回頭性を両立するオールホイールステアリング(AWS)を装備。リアサスペンションシステムに搭載したアクチュエーターで、後輪のトー角を前輪とは逆方向に操舵させ(最大7.3度)、11m以下の旋回直径を実現。低速走行時やオフロード走行時に障害物を回避したり、都市部での限られたスペースへの駐車も容易に。また、時速50km以上では後輪を前輪と同じ方向に回転させて、素早い方向転換とドライバーへのフィーリングとフィードバックを向上
ダイナミックレスポンスプロを採用。48V駆動の電子制御アクティブロールコントロールシステムが各アクチュエーターのトルク出力を緻密に制御して、各アクスルに最大1,400Nmのトルクを供給することができ、定常的にコーナリング時のボディロール角を低減し、過渡的な状況下でのロールモーションの制御強化、より応答性の高いステアリングフィール、オフロード走行時のホイールアーティキュレーションの向上を実現
8速ZFオートマチックトランスミッションとランドローバーの最新世代のインテリジェントオールホイールドライブ(iAWD)システムを採用し、インテリジェントドライブラインダイナミクスシステムを介して最も効果的に路面にパワーを配分。グリップレベルとドライバーからの入力を1秒間に100回モニターし、フロントアクスルとリアアクスル間、およびリアアクスル全体のトルクを予測・配分し、あらゆる状況下で最適なトラクションを提供
ブレーキバイワイヤ技術を採用し従来よりもクイックで細かなブレーキ制御が可能。アクティブブレーキクーリングテクノロジーも搭載しており、ダイナミックなオンロード走行と過酷なオフロード走行の両方で、一貫したパフォーマンスと信頼性を発揮。さらに冷却が必要なときだけダクトを開くことで、効率性も維持
アダプティブオフロードクルーズコントロールをランドローバー初採用。オールテレインプログレスコントロールをさらに進化させたもので、地形に対応して、選択した設定に合わせて、安定性、コントロール性、快適性を維持するために車速を自動制御。これにより、荒れたオフロード走行時でもドライバーはステアリング操作に集中することが可能に
最新のランドローバーの高度なオールテレインテクノロジーであるテレインレスポンス2®
硬いデュアルレートエアスプリングを補完し、ツインバルブモノチューブダンパーを使用して、車両の主要なピッチ、ロール、乗り心地を最も効果的に制御する、アダプティブダイナミクス2システム
アクスルのトルク配分を監視して敏捷性とグリップを確保した高速コーナリングを可能にし、滑りやすい路面でもトラクションと全地形対応型のアーティキュレーションを最適化する、トルクベクタリングバイブレーキング付き電子制御アクティブディファレンシャル
ストーマーハンドリングパックを新設定。最もダイナミックで俊敏なハンドリングのためのシャシー技術の究極の組み合わせで、ダイナミックレスポンプロ、AWS、トルクベクタリングバイブレーキング付き電子制御アクティブディファレンシャル、コンフィギュアラブルプログラムを装備
充実したドライバー支援システムを標準装備(エマージェンシーブレーキ、3Dサラウンドカメラ(フロントリヤパーキングセンサー、ウェイドセンシング、ClearSightグラウンドビュー、マニューバリングライト、クルーズコントロール、ドライバーコンディションモニター、レーンキープアシスト、トラフィックサインレコグニション)

■エクステリアカラー
フジホワイト、サントリーニブラック、フィレンツェレッド、ボラスコグレイ、アイガーグレイ、ポルトフィーノブルー、ランタオブロンズ、ギオラグリーン、ヴァレジネブルー、オストゥーニパールホワイト、カルパチアングレイ、シャラントグレイ、ブリティッシュレーシンググリーン、リグリアンブラック、フラックスシルバー、エーテルフロストシルバー、ベロシティブルー、コンステレーションブルー、イオニアンシルバー、サンセットゴールド、アメジストグレイパープル、ペトロリックスブルー、トルマリンブラウン、サンギネロオレンジ、サンライズカッパー、アイシーホワイト、SV BESPOKEサンプル照合カラー、リキッドバーミリオンレッドラッピング、リキッドヴァレジネブルーラッピング

■ラインアップおよびメーカー希望小売価格(消費税込)
<モデル名、価格>
3.0リッター直列6気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(MHEV)搭載モデル
最高出力:221kW/300PS 最大トルク:650Nm

RANGE ROVER SPORT S、10,680,000円
RANGE ROVER SPORT DYNAMIC S、11,190,000円
RANGE ROVER SPORT DYNAMIC SE、11,920,000円
RANGE ROVER SPORT DYNAMIC HSE、12,960,000円
RANGE ROVER SPORT AUTOBIOGRAPHY、14,570,000円
※2022年9月7日更新:DYNAMIC HSE・AUTOBIOGRAPHY

<「RANGE ROVER SPORT LAUNCH EDITION」概要>
■受注期間
2022年5月25日(水)~6月30日(木)
※予定台数を上回るお申し込みがあった場合は、抽選となります。

■台数
160台

■主な特長および特別装備
・マイルドハイブリッドテクノロジーを採用した先進の3.0リッター直列6気筒INGENIUMガソリンエンジン(最高出力294kW/400PS・最大トルク550Nm)を搭載
23インチ"スタイル5135"9アロイホイール(グロスブラックフィニッシュ)
アダプティブオフロードクルーズコントロール
ブラックエクステリアパック
フロントセンターコンソール急速クーラーボックス
空気清浄システムプロ
Wi-Fi接続(データプラン付)
オンラインパック(データプラン付)

■メーカー希望小売価格(消費税込)
<エクステリアカラー、インテリアカラー、台数、価格>
フィレンツェレッド(メタリック)、ライトクラウド/エボニー40台17,086,000円
ジオラグリーン(メタリック)ライトクラウド/エボニー40台17,086,000円
ヴァレジネブルー(メタリック)エボニー/エボニー40台17,086,000円
サントリーニブラック(メタリック)エボニー/エボニー40台17,086,000円

※メーカー希望小売価格(消費税込)は参考価格です。保険料、消費税を除く税金、登録に伴う費用、付属品、リサイクル料金は含みません。価格は販売店が独自に定めていますので、詳しくは正規販売店にお問い合わせください。
※昨今の世界的な半導体不足に伴い、一部装備、仕様が変更になる場合がございます。

*nanoe、ナノイー及びnanoeマークは、パナソニック ホールディングス株式会社の商標です。

以上

Land Rover PR social channels:
- Land Roverウェブサイト: http://www.landrover.co.jp
- Twitter: https://twitter.com/LandRoverJPN; @LandRoverJPN

◆お問い合わせ先◆
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568 (9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る