News - Defender

ランドローバー75周年を記念した特別仕様車 「DEFENDER 75TH LIMITED EDITION」2022年9月15日(木)~10月16日(日)で受注

公開日:2022/09/15 10:00

ランドローバー75周年を記念した特別仕様車
「DEFENDER 75TH LIMITED EDITION」を発表
日本には限定225台を導入し、2022年9月15日(木)~10月16日(日)で受注

■Exclusive addition:ランドローバー75周年を記念した特別仕様車「DEFENDER 75TH LIMITED EDITION」を発表。日本には限定225台を導入し、2022年9月15日(木)~10月16日(日)の期間で受注
■Heritage detailing:エクステリアとインテリアにグラスミアグリーンを採用し、専用の75周年グラフィックをレイアウト。ボディタイプは「90」と「110」を用意
■Still innovating:3Dサラウンドカメラ、マトリックスLEDヘッドライト、コンフィギュラブルテレインレスポンスなど、最新テクノロジーを標準装備

2022年9月14日、英国ゲイドン発: ランドローバーの始まりとなる、1948年のアムステルダムモーターショーで「LAND ROVER SERIES I」を発表してから2023年で75周年を迎えるにあたり、その誕生を記念した特別仕様車「DEFENDER 75TH LIMITED EDITION」を発表しました。日本には、限定225台を導入し、2022年9月15日(木)~10月16日(日)の期間で受注します。

ボディタイプは、「DEFENDER 90(ナインティ)」または「DEFENDER 110(ワンテン)」から選択可能で、ベースモデルには、上位グレード「HSE」を採用しました。パワートレインは、「110」にはマイルドハイブリッドテクノロジー(MHEV)を採用した、3.0リッター直列6気筒INGENIUMディーゼル・エンジン、「90」には2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジンを搭載しています。

「DEFENDER」初となるアイコニックなグラスミアグリーンを「DEFENDER 75TH LIMITED EDITION」専用エクステリアカラーとして採用し、さらに20インチアロイ ホイールとホイールセンターキャップも同色に仕上げています。そして、75周年グラフィック、セレスシルバーのバンパー、プライバシーガラスなどを組み合わせています。

「DEFENDER」の耐久性と多用途性に優れたインテリアも、グラスミアグリーンパウダーコートブラッシュドフィニッシュのクロスカービームやレーザーエッチングディテールが施されたエンドキャップを採用しています。エボニーレジストシート、センターコンソールサイドのホッケースティックは、「DEFENDER」で最も頑丈なファブリックであるロバステックを使用しています。

「DEFENDER」のライフサイクル担当チーフエンジニアである、スチュアート・フリスは、以下のように述べています。「新型『DEFENDER』はその登場以来、世界中のお客様を魅了し、その需要は現在もなお非常に強い状況を維持しています。今回の新しい限定モデルに採用しているカラーやディテールなどは、これまでの約75年という年月で築いてきた精神を受け継ぎながらも、コンフィギュラブルテレインレスポンス、常にソフトウエアを最新の状態にアップデートできるSOTA(Software-Over-The-Air)、他に類を見ないオールテレイン走破能力など、革新的な最新テクノロジーを備えさらに進化を遂げています。」

3Dサラウンドカメラ、コンフィギュラブルテレインレスポンス、MERIDIAN™サウンドシステム、マトリックスLEDヘッドライト、11.4インチの大型タッチスクリーンを備えたインフォテインメントシステム「Pivi Pro」、ヘッドアップディスプレイ、ワイヤレスデバイスチャージングなどの先進機能も充実しています。

さらに、ファブリックルーフ(格納式)、14ウェイ電動フロントシート(ヒーター&クーラー付き)、ステアリングホイール (ヒーター付)、3ゾーンクライメートコントロールを装備し、卓越した快適性を提供します。

このコレクターズモデルである「DEFENDER 75TH LIMITED EDITION」の発売を記念した、新しいランドローバーライフスタイルグッズも発表しました。これらのグッズも、グラスミアグリーンをテーマしており、2本のストラップが特徴的なミニマルなウォッチ、機能的なバックパック、75周年グラフィックやディテールを配したウェア類など、幅広いラインアップを取り揃えています。

「DEFENDER」は、2020年カー・オブ・ザ・イヤー(「Top Gear」)、2021年SUVオブ・ザ・イヤー(「モータートレンド」)、2020年ベストSUV(「Autocar」)など、50を超える世界的な賞に選出されています。また、ユーロNCAP安全性評価でも5つ星を獲得しています。

ランドローバーは、1台のモデルの発表とともにその歴史が始まりました。今日のSUVファミリーは、70年以上の長きにわたり、ランドローバーの特徴である革新的なパイオニア精神を証明するものとなっています。「DEFENDER」、「DISCOVERY」、「RANGE ROVER」の各ブランドファミリーは、他の追随を許さない走破能力、多用途性、ラグジュアリーを提供し、さらにこの先の75年も成功するための強固な基盤となっています。


<「DEFENDER 75TH LIMITED EDITION」概要>

■受注期間
2022年9月15日(木)~10月16日(日)
※予定台数を上回るお申し込みがあった場合は、抽選となります。

■ベースモデル
「DEFENDER 90 HSE P300」
「DEFENDER 110 HSE D300」

■台数
225台

■主な特長および特別装備
・グラスミアグリーンエクステリアカラー(メタリックペイント)
20インチ"スタイル5098"アロイホイール(グラスミアグリーンフィニッシュ)
ホイールセンターキャップ(グラスミアグリーン)
マトリックスLEDヘッドライト
ファブリックルーフ(格納式)
75周年グラフィック(テールゲート、クロスカービームエンドキャップ)
クロスカービーム(グラスミアグリーンパウダーコートブラッシュドフィニッシュ)
11.4インチの大型タッチスクリーンを備えたインフォテインメントシステム「Pivi Pro」
エボニーレジストシート
14ウェイ電動フロントシート(ヒーター&クーラー付き)
ステアリングホイール (ヒーター付)
3ゾーンクライメートコントロール
MERIDIAN™サウンドシステム
3Dサラウンドカメラ
コンフィギュラブルテレインレスポンス
ヘッドアップディスプレイ
ワイヤレスデバイスチャージング

■メーカー希望小売価格(消費税込)
DEFENDER 90 75台 11,013,000円
DEFENDER 110 150台 12,423,000円

※メーカー希望小売価格(消費税込)は参考価格です。保険料、消費税を除く税金、登録に伴う費用、付属品、リサイクル料金は含みません。価格は販売店が独自に定めていますので、詳しくは正規販売店にお問い合わせください。
※昨今の世界的な半導体不足に伴い、一部装備、仕様が変更になる場合がございます。

以上

エディターズ・ノート

ランドローバーについて
ランドローバーは1948年以来、そのモデル・シリーズ全体にわたり、本格的な4x4を継続して製造しています。「DEFENDER」、「DISCOVERY」、「DISCOVERY SPORT」、「RANGE ROVER」、「RANGE ROVER SPORT」、「RANGE ROVER VELAR」、そして「RANGE ROVER EVOQUE」は、それぞれが世界のSUVカテゴリーを代表するモデルです。現在、これらのモデルの80%は輸出され、世界100か国以上で販売されています。

Land Rover PR social channels:
- Land Roverウェブサイト: http://www.landrover.co.jp
- Twitter: https://twitter.com/LandRoverJPN; @LandRoverJPN

◆お問い合わせ先◆
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568 (9:00~18:00、土日祝日を除く)

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る