News

ジャガー・ランドローバー、第3四半期の好調な業績を発表

公開日:2013/02/18 17:57

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバー社が2013 年2月14日に発表したプレスリリースの日本語訳です。

2013 年2 月18 日
(日本語訳発行日)
C13U002

ジャガー・ランドローバー、第3四半期の好調な業績を発表


• 第3四半期(2012年10月-12月)の収益は38億ポンド、税引き前利益は4億400万ポンド
• 第3四半期の販売台数は14%増の88,658台
• 第1四半期~第3四半期(2012年4月-12月)の税引き前利益は20%増の12億ポンド
• 新製品や新技術の開発に継続的な投資を実施
• 2013年1月、5億米ドル分の10年社債を新規発行


UKコベントリー発

ジャガー・ランドローバー社は本日、第3四半期(2012年10月-12月)の税引き前利益が4億400万ポンドであったことを発表しました。2012年4月から現時点までの税引き前利益は、前年同期比で20%増の12億ポンドです。

第3四半期の業績は、世界での小売販売が14%増加したこと(計88,658台)を反映しています。当四半期の収益は38億ポンド強で、2012年4月から現時点までの総収益は前年同期比で14億ポンド増の107億ポンドとなりました。

ジャガー・ランドローバー、最高財務責任者のケン・グレゴールはこの業績について次のように述べています。「レンジローバー・イヴォークの販売が依然として好調であることに加え、新型レンジローバーの発売や中国、そのほかの市場のさらなる成長などに支えられ、当社は第3四半期も堅調な業績を上げることができました。これからも新製品や新技術へ継続的な投資を行い、実益ある成長を目指してまいります。」

以上

エディターズノート

• JLRの2012年1月-12月の販売台数は、対前年比で30%増の357,773台でした。
• JLRの2013年1月単月の販売台数は、前年同期比で32%増の34,877台でした。
• JLRは、持続的な成長と収益性のために意欲的な計画を予定しています。
• JLRは、25,000人の従業員を有し、世界180か国にて販売を行っています。
• JLRは、意欲的な投資および成長計画をサポートするために、過去2年間で9,000名の新規雇用を創出しました。(これにはキャッスル・ブロムウィッチ工場の1,100名、ソリハル工場の1,800名、ヘイルウッド工場の1,000名、エンジニア1,000名が含まれます。)
• JLRは、英国有数の輸出企業であり(金額ベース、2011年の輸出額は82億ポンド)、収益の約85%が輸出によるものです。
• JLRの前期(2011年4月~2012年3月期)の収益は135億ポンドで、税引き前利益は15億ポンドでした。
• JLRは、今期(2012年4月~2013年3月期)に製品開発と施設整備に約20億ポンドの投資を行うことを発表しています。


本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先は、 03-5470-4242 (ジャガー・ランドローバー・ジャパン広報グループ代表)になります。

広報写真、発行済プレスリリース、および広報資料などは、ジャガー・ランドローバー・ジャパン プレスサイトをご利用ください
https://pr.jlrj.jp/
※ご利用にはユーザー登録が必要になります。

この記事に関連するファイル

このページのトップに戻る