News

ジャガー・ランドローバーとEPSRC が 1000万ポンドのバーチャル・エンジニアリング研究計画(PSI)を発表

公開日:2013/06/17 10:51

※本プレスリリースはジャガー・ランドローバー社が2013 年6月6日に発表したプレスリリースの日本語訳です。

2013 年6 月17 日
(日本語訳発行日)
C13U005

ジャガー・ランドローバーとEPSRC が1000万ポンドのバーチャル・エンジニアリング研究計画(PSI)を発表

• ジャガー・ランドローバー、Engineering and Physical Sciences Research Council(EPSRC:工学物理科学研究会議)および英国の名門4大学と共に、5年間にわたる研究計画を主導
• 取り組む5つの研究プロジェクトを通じ、英国がバーチャル・シミュレーション技術に関するグローバルリーダー的地位を確立


本日、英国下院議員かつビジネス・イノベーション・職業技能大臣を務めるヴィンス・ケーブル博士が、バーチャル・シミュレーション技術開発における英国のプレゼンス向上を目指す5つの新しい学術的な研究プロジェクトを発表しました。

ジャガー・ランドローバーと英国の主要学術機関が今後5年間にわたり、総額1000万ポンドを投じるこの連携事業は、英国のバーチャル・シミュレーション産業発展を目指し、そして新しい、世界レベルのシミュレーション・ツールやシミュレーション・プロセスをジャガー・ランドローバーのような製造業者が利用できるようにするものです。これは英国がバーチャル・シミュレーション技術におけるグローバールリーダーとしての地位確立を目指す、20年にわたる戦略的プロジェクトの第一段階です。

研究では、目に見えるものや音、そして臭いまでも活用してバーチャル・シミュレーションをより現実味あるものにし、シミュレーションの質と能力を向上させます。

エンジニアチームが、デザインを通じて何が達成可能かということをより現実的に認識することに加え、よりパワフルなコンピューターが利用できるようになるということは、さらに多くのエンジニアリングがバーチャルで行えるようになるということを意味します。これはジャガー・ランドローバーのようなメーカーが、より複雑な新車両プログラムにもより迅速に取り組める手助けとなります。また、プロトタイプへの物理的な依存を軽減することで製品開発におけるコスト抑制の一助になるとともに、実際の試乗やテストに使用するプロトタイプの必要数を抑えることで環境面への利点ももたらします。

ウォーリック大学の研究所WMGを訪問中に今回の資金提供を発表したケーブル大臣は次のように述べています。「世界有数の大学やジャガー・ランドローバーのような最先端企業とともに、英国はイノベーションの推進と新技術の開発において最前線にいます。今回の投資は、英国の製造力を強化し、世界における英国の競争力維持の一助となることで、政府の産業戦略を支援につながると考えています。」

今回発表された5つのプロジェクトは、「Programme for Simulation Innovation(PSI:シミュレーションの技術革新計画)」の一環をなすものです。PSIにはジャガー・ランドローバーとEngineering and Physical Sciences Research Council (EPSRC:工学物理科学研究会議)、ラフバラー大学、リーズ大学、ケンブリッジ大学、ウォーリック大学WMGの間のパートナーシップが参加しています。

PSIには、ジャガー・ランドローバー(400万ポンド)、EPSRC(400万ポンド)、提携4大学(200万ポンド)が出資し、今後5年間にわたり二段階で進められる予定です。本日発表された5つのプロジェクトはその第一段階にあたるもので、研究計画全体の80%を占めています。5つのプロジェクトは以下の通りです:
• 複合システムとしての車両解析(ラフバラー大学、リーズ大学)
• マルチフィジックス多機能シミュレーション(ラフバラー大学)
• ドライビング・シミュレーション(リーズ大学)
• 高性能コンピューティングおよびシミュレーションナレッジのマイニングと抽象化(ケンブリッジ大学)
• 可視化とバーチャル体験(ウォーリック大学)

ジャガー・ランドローバーのエンジニアリング・ディレクター、ボブ・ジョイスは次のように述べています。「我々は新車両の設計、開発、試験において、多岐にわたる最新式のバーチャル・エンジニアリング・ツールやプロセスをすでに使用していますが、バーチャル・シミュレーションの性能を高め、それを自動車の製品開発用に活用できることを望んでいます。我々は、よりリアルな画像やサウンド、さらには臭いまでも含めて、(シミュレーションされた)ドライバー体験および乗員体験を進歩させたいのです。今回発表されたプロジェクトは、車両全体、システム、そしてコンポーネントの各レベルにおいて、ますます複雑化する車の分析作業を向上・改善してくれると期待していますし、また、増大する複雑化したデータを利用するために自動車産業が将来使用する高性能コンピューターを強化することになります。」

「ジャガー・ランドローバーは、英国が産業革新においてグローバルな競争力を有していなければならないと考えます。自動車産業に応用する新しいシミュレーション技術を開発するための当社と学術機関との提携は、英国がバーチャル・シミュレーション技術のリーダーとなる契機と思います。」

EPSRCのチーフ・エグゼクティブ・プロフェッサー、ディビッド・デルピー教授は次のように述べています。「このパートナーシップは、科学とエンジニアリングの境界を突き抜けて、研究機関が産業界とどのように協力していけるかを示しています。EPSRCの役割は、革新的な研究のスポンサーとして、ジャガー・ランドローバーと共に自動車産業の長期的な研究ニーズを明らかにし、提案の要請を行ない、健全な相互評価を容易にすることです。」

以上

エディターズノート

1. Engineering and Physical Sciences Research Council(EPSRC:工学物理科学研究会議):
EPSRCはエンジニアリングおよび物理科学における研究に出資するための英国の中心機関です。英国が次世代のテクノロジーの変容に対応できるよう、EPSRCは年間8億ポンドを研究および卒後研修に投資しています。その分野は情報技術から、構造工学、数学、物質科学までに及びます。この研究は英国の将来的な経済発展ならびに国民の健康、ライフスタイル、文化向上の基礎を成すものです。EPSRC は他の研究分野を担当するResearch Councils(研究会議)と共に活動をしています。これらのResearch Councilsは、Research Councils UK(英国研究会議)を通じて共通課題に共同で取り組んでいます。詳細は、www.epsrc.ac.uk をご覧ください。

2. ジャガー・ランドローバー:
ジャガー・ランドローバーは、ジャガーとランドローバーという2つの英国を代表する自動車ブランドをもつ英国最大の自動車メーカーで、車の設計・開発・製造を英国で手がけ、25,000名以上の社員を有しています。JLRには成長実現に向けた数々の意欲的な計画があり、今期(2013年4月~2014年3月期)、製品開発ならびに施設・設備(CAPEX)に27億5000万ポンドの投資を行なう予定です。

3. 学術計画の詳細:
(1) 複合システムとしての車両解析(ラフバラー大学):ビークル・インターフェース・コンプレキシティを、車両からシステム、コンポーネントのレベルまで包括的分析を可能にする方法を開発。
(2) マルチフィジックス多機能シミュレーションの手法(ラフバラー大学):シミュレーション方法の幅と奥行きを向上させ、車両全体の機能とダイナミクスすべてをカバーできるようにする。
(3) ドライビング・シミュレーション (リーズ大学):車両の設計過程でフィードバックを提供すべく、完全にデジタル的に定義された環境下での実体験に等しいドライビングと乗員体験を実現。
(4) 高性能コンピューティング(HPC)およびシミュレーションナレッジのマイニングと抽象化(ケンブリッジ大学): ハードウェア、ソフトウェア、モデリング・メソッドを通じてHPCプラットフォームの設計、統合、一貫性における課題に対処できるようにするとともに、人工知能、機械学習、統計、データベース・システムといった分野の大量データの処理に必要な要件のサポートを可能にする。
(5) 可視化とバーチャル体験(ウォーリック大学): 改善された可視化技術、マルチセンサリー体験、ハードウェア、ソフトウェアの開発・応用を可能にし、多分野連携解析とシミュレーションの有効性、ならびに効果的で客観的な意思決定の支援を可能にする。

本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先は、 03-5470-4242 (ジャガー・ランドローバー・ジャパン広報グループ代表)になります。

広報写真、発行済プレスリリース、および広報資料などはジャガー・ランドローバー・ジャパン プレスサイトをご利用ください
https://pr.jlrj.jp/
※ご利用にはユーザー登録が必要になります。

この記事に関連するファイル

この記事に関連する画像

このページのトップに戻る